【スペイン巡礼19日目】写真多めで送る巡礼最大の街レオンのバルでどんちゃん騒ぎ!


■本日の工程
2016年4月29日 巡礼19日目
マンシーラデラスムラス(7:45)→レオン(13:30) 20km

スペイン巡礼今日で19日目。レオンまでは昨日知り合ったリンちゃんと歩くことになった。今日は約20kmということで比較的ゆっくりな朝。
1
今日も天気は最高!朝一の写真をパシャ

噂話はスペインでもめちゃくちゃ早いなあと感じた件

歩きだすと少しして、スタート時期りんちゃんと歩いてたケイトが合流。りんちゃんが僕をケイトに紹介してくれると、なぜかケイトは「おおTakashi!!」と、僕の名前を知っている。何がどうなって名前知ってるんだ、どんな噂だよって思って、「あ、どうせカメラなくなったとかのあれか」と思ってそこはスルーしておいた。

ケイトも旅人みたいで、色んな所を歩いてきたようで、りんちゃんと3人で話が弾む。りんちゃんはスペイン語と英語ができるので、それに天性?の人懐こっさが相まってどんな人ともコミュニケーションが弾んでる、すげえ。でもまあ、両方喋れずでそこそこ楽しめるレベルでなんとかやりとりできてる自分、それはそれですげえ。(ホント言葉関係ない巡礼前の自分に言ってやりたい)

2
かわいい家みたいな倉庫

3人で楽しく進んでいると「あっ!」黒猫を発見!水路の向こうを堂々と歩いてる。走って写真を撮ろうとおもい、近寄ろうとしたとき、

「ブチッ」

という音がしたと思った瞬間、15kgのザックととともに前につんのめる。何の音だと思って、足元を見ると靴ひもを掛けるフックが転がっているじゃないか。勢い良く足を踏み出したとき右側の靴紐のちょうちょ結びの輪っかの部分が、左側の足首付近のフックをひきちぎっていたみたい。「わお」派手に転ばんくて本当に良かったわ。

平地だったので、靴紐を浅い部分でくくっていたのだけど、そういう場合一度足首をグルっと一周させるようにしてから結ばないといけなかった。考えたらわかることだけど何事も失敗から学ぶと体で覚えるとプラス思考で、歩きだす。(猫写真を撮ったあとで)そんなこんなしてるとケイトはあた別の知り合いと合流し先に歩いて行く。いいねえなんか、流れるような出会い。

3
のしのし歩く猫、写真では貫禄ありすぎ。猫に見えない。黒いし。

4
前から見るとちゃんとした猫(少し強そう)で安心。

そうこうしていたら前にデイジーの姿が!!!「デイジー!!!」デイジーは足をいためたみたいで途中ペースが遅れていたみたいで、このタイミングで追いついたのである。デイジーとりんちゃんとで、ブランチを食べる。やっぱりここにきたらビールだよ!ということでデイジーと乾杯!!デイジーと少し時間を過ごして、店を出た。足が痛いのでゆっくりいくということで、また彼女と別れて歩き出す。

10
デイジー!いつもかわいい!!(これはいつものかわいさの40%減くらいだけど)

5
川を越え、、、

13
着いたと思ったら、まだ手前に街あったので、あとすこし。。。

14
でも見上げると晴天、気持ちいい。

レオン到着!どんどん出会う懐かしい顔ぶれ、大きな街の醍醐味!

休憩場所から程なくして、ついにレオンに到着!大きな街の特徴でもあるのだけど、新市街と旧市街が遠くはなれていて、街に入ってからアルベルゲまでの距離が遠い遠い。と言っても、なんかやっぱり大きな街は雰囲気も違うので、歩くのもそんなに苦ではない。いつも通り写真を撮りながら歩いて行く。

18
おお、人が多い。

20
今までの小さな街とは違う、人々の熱気。

街の中心部を目指して歩く。さすが大きな都市だけあって人が多い、巡礼者よりも観光客が多い、さすがレオン!アルベルゲを探していると、あるカフェでコーヒーを優雅に飲むひろくんを見つける。ひろくんも気づいてくれて、外に出てきてくれた。元気そうでまた次の町で飲もうと約束。

またずいずいと歩いていると、ビクターも久しぶりに再会した!足を少し引きずってはいるけど元気みたい。彼は昨日この街に着いて今日は二日目、観光しながら休息しているということだった。大きな街は観光がてら休憩する人も多くて、連泊する人も結構いるということも聞いていた。自分も街を見てから考えようと思ってる。なんとか地元のポリス&おばあちゃんに道を聞きながら目的のアルベルゲに到着。

21
背中にPOLICIAの文字。警察の人に道を聞いてアルベルゲへ!みんな親切。道を尋ねるときもさりげに写真を撮るのも忘れない。

アルベルゲでチェックインをすませると案内されたのは2階建ベッドの上。「ふう」と一息ついてベッドに荷物を下ろす。でふと下のベッドを見るとなんとベッドにキーマスターが寝ている!!!「わあ」こんな偶然あるのがこのカミーノなんだよねと妙に納得。なんかもう驚かない。もうこの旅では縁がある人とはとことん一緒になるみたいw

キーマスターに「体は大丈夫か?」と心配してもらって、足が痛いと言うとすね病だといわれた、でも歩けるなら問題ないサポーターしとけで終わった。あと冷やしとけと。さすが元体育教師の的確なアドバイス。サポーターはいろんな意味で万能らしい。

しかし、言ってる彼が寝不足の際下り坂で、踏んだ石がころっと外れたことで転倒して肩に大ダメージらしい。僕よりひどいじゃないか。でも、飲めば治るか鉄人だし、心配は無用か。とりあえず16時ごろまで寝かしてりんちゃんと飲みに行こう。

22みんな昼間から飲みまくってる。最高!

飲み歩くには最高の街、レオンの底力を見た!

キーマスターは一眠りするということだったので、夕方起こしに来ることにして、まずはシャワー、洗濯を済ましてりんちゃんとレオンの街を飲み&写真撮影のため散策する。やばい、楽しい!これは2日とどまるかも!!レオンよすぎ、ビールいっぱい頼むとすげーおつまみ(ピンチョス)がついてくるんだもん!ビールに無料のつまみがついてくるので、わざわざ頼む必要なくて2人で飲んで1人5ユーロ以下という奇跡。結局3店舗ほど入ってみて乾いたオ喉を十分に潤す。しかしめっちゃ安いな、ほんま!

24
二刀流でビールを注ぐ。

23
ワインも二刀流。

25
うまそなビール。隣の山盛りポテトは無料(まじか、ありがとうレオン)

16時になったので、一眠りしていたキーマスターも起こして3人で飲みに行く。あーだこーだ言いながら3軒ほどさらに飲み歩く。ワーキングホリデー南半球がいい。金が溜まり放題。すごく楽しいって、キーマスターもいってますんで、これは自分もいくといいかなと。帰ってからの参考にさせていただきます。

31
何の話ししてんだ、テンション高い、さすがのキーマスターは寝る前に3軒ほど飲み歩いているみたい。

37
だからビールでなくワインなのだとか。

この辺の地域ではお酒を一杯頼むごとにおつまみを一皿ずつ出してくれるのだけど、しゃしんケチケチせずにドカンと出してくれるので料理を頼む必要が全くない。結局別で料理を頼んだのはパエージャと生ハムだけ。パエージャはスペインでも人気店でこんな盛況見たことないというくらいごった返していた。実に美味い。

27
この旅一番の混みよう。人気店!どこを写真撮ればいいのかもはやわからない。

28
店の人が何基準で動いてるのかわからないくらいにごった返してる。

店ごとで異なるピンチョスが食べられる。お店の都合で残り物出されたり作りたてを出されたりするけど、それは運次第。同じ店で同じもの「食べてもやっぱり作りたてはうまかった。いろんなもの食べたけど、特にポテトのガーリックマヨネーズ和え、そして日本人だからか、おしゃれな海苔なしネギ巻き寿司(写真)を出してくれる店もあった。絶品。そのほか、チョリソーや生ハムのピンチョス、ソパデアホなんかが出てきた。

29
慣れた手つきでワインを注いでくれる。

30
日本から来たと行った寿司ピンチョスを出してくれた。洋風になってて、しかもうまい。

34
店を変えた先でも、当然ワインついでくれて・・・

35
なんか知らんがめちゃくちゃ盛り上がってる兄ちゃん。

36
兄ちゃんは自称カメラマン、写真大好きということで、カメラよこせと言われて撮ってもらったらじゃっっかんボケてるけどありがとう。唯一の3人の写真が、ピンぼけw

あと、ワインの豆知識、「クリアンサ」と書いているものが美味いなあと思っていたらオーク樽での寝かしかげんとのことの呼び名みたい。クリアンサは2年以上の熟成、レセルバは3年以上だったか。今まではヴィノティント(赤ワイン)!とだけ頼んでたものをヴィノティント・クリアンサ!と言うと、お、こいつ分かってるじゃないみたいな感じで言われて、店員とのコミュニケーションもちょっと楽しげに。値段もそんなに変わらないし好みの一杯を見つけて注文したらその後のやり取りの仕方も変わってくる。

地元メンバーの仲間に入れてもらって大はしゃぎ!この旅最高潮の夜に!

合計8件ほどのバルをハシゴして、最後にもう一杯飲もうと地元民が集う感じのバルへ。大盛り上がりの同世代のいるその店で、日本から来たことがわかると、{Nakamura!Nakamura!!(中村中村)!」と大合唱。どうやらスペイン(レオン)では中村俊輔が人気?で、俊輔コールに身を任せて騒いでいたら大いに仲間入りができた。俊輔じゃなくて崇史だといっていたら、最後は崇史が高橋になって高原になってコールが変化して、僕は高原(スシ・ボンバー)になった。まあ楽しけりゃなんでもいい。ここまでのスペイン巡礼の旅の中で本当に一番盛り上がった。ここからは写真で感じてくれ!!

40
高原の名付け親。良い奴。

42
代表取締役宴会部長

44
みんな仲いい。良すぎ。

50
うえええええい!

51
どぅえええええい!

49
みんな優しく見守ってくれる

41
宴会部長の目がおかしい。。。(写真も十分すごいけど、実際は異様な雰囲気だったw)と、思ったら・・・

48
店の中で、なわとび。

47
まじでこいつアホだと思う。

46
でも、もっと跳んでくれええええええ!!(これで店の人何も言わんて神すぎる)

ワインをコーラで割る飲み物、カリムチョ。美味い、地元ではみんな飲むと振舞ってもらい自分たちでも追加でオーダー。誰の飲み物がどうとか関係なく、あるピッチャーから飲んでいく、バルが一体化していく熱すぎる熱気の中でレオン最高の夜を迎えることができた。

55
すっかり一員。この旅一番の笑顔のキーマスター

52
大道芸の団体といったほうがすんなり通りそう

53
キーマスターわっしょい!!!写真撮るときだけではなく、終始こんな感じ。

img_9849
ついでに僕もおぉぉといとうところで、最終的にこれで店の人に怒られた。そらそうか。

57
みんな仲間になって日本代表クレイジージャパニーズのキーマスターが惜しまれながら送られる。

59
最後まで熱く見送られる。いい奴らだ、レオン大好き。北スペイン大好き。

店を出たあと興奮を落ち着かせるためにもう一件。ビールを飲みに。さっきの自分が本当の自分なんじゃないのかときかれる。殻を破れば良い、これまで数多くの教え子を見てきている経験から裏打ちされた言葉に胸を打たれる。我慢してやりたくないことをやるのではなく自分がやりたいことをやるのだ。と。

60
店に入る前に歩いていた地元の人に写真を撮ってくれてせがむキーマスター。みんな笑顔。

61
この写真誰に撮ってもらったのかもはや覚えていない。

最後まで飲み倒す。満足いくレオン、7時間ほどエンドレスドリンキング!よく飲んだ一日でした。しかしこの日だけで写真500枚ほど撮ってたみたい。整理大変そうだ・・・

※この記事はその日書いたものをベースに、後日加筆修正を加えたものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA