【スペイン巡礼21日目】アストルガのガウディ建築がまるでお城!


■本日の工程
2016年5月1日 巡礼21日目
ヴィラデマサリフェ(7:30)→アストルガ(15:00) 約28km(道外れたため地図で換算)

今日も昨日に続いて、晴天。このスペインの巡礼路を歩いて、3週間たつけどほんとに天候に恵まれたなあと思う。ひたすら農業用の道路を歩く、昨日は入り口近くのアルベルゲに泊まっていたので、街を出る時にその大きさに驚いた。この街、こんな大きかったのね。

1
教会にとまってた鳩

朝日のパワー、生命のエネルギー

朝が早いということで、どこも店は開いていなくて、ごはんを買えず、、、バルも閉まっているので、次の街まで少し我慢。日本にいるときから昼や夜は抜いても朝食だけはとっていたので、食べたい欲求が高まってくる。「うー次の町はどのくらいなのだろうか。。。」昨日から旧巡礼路に入ってしまったことで、買っていた地図は途中で切れてしまっている。。。距離感がつかめないけど、きっと遠そうだ。。。

2
毎日見てるけど美しい朝日

3
必ずといっていいほどお空にチョークで落書きが。

7
電線すらも美しい、規模感が違う。

4
と、よく見るとブーツがかかってる。

晴れた日の朝は歩く足取りも軽い。農業用道路なので、すーっと視界が拓けていて清々しく、作物の苗が風になびいている。しかし、どうして朝日に照らされたものは、こうもすべて神々しく見えてしまうのだろう。朝の太陽の光には特別なパワーがあるように感じる。道端の草や木々の葉っぱ、刈り取られた穂の先。赤い光に照らされて、まるで血が通っているかのような小麦。

6
朝日に照らされるもの①

8
朝日に照らされるもの②

9
朝日に照らされるもの③

10
朝日に照らされるもの④

11
朝日に照らされるもの⑤

当初は5kmくらいかなあとか思っていたのだけど、朝ごはんにありつけたのは結局、出発した街から10キロ程度歩いた街。結構時間かかったなあ。。。マジ腹減った。小休憩もかねてバルに入る。旧巡礼路を歩いていたことで、想定よりも時間がかかっているから少し早いけど、お昼ごはんもかねて、いつもより多めに食べる。(言い訳で腹減ってただけか)クロワッサンにチーズとハムをサンドしたものとお馴染のパンオショコラをカフェコンレチェでいただきます。

13
ひたすら真っすぐの農業用道路

15
バルで出迎えてくれたインコ氏

14
本日の朝ごはん

偶然の正体

バルを出ると、昨日のモルガンが外の席に座って休憩していた。少しやり取りして、笑顔で別れて歩きだす。すると、また誰かに呼び止められた!と思ったらヨーコさん。ヨーコさんも間違ったのかなと思って聞いてみると、彼女ははもともとこちらの道狙いで来てたらしい。「景色きれいだったね〜」と昨日の道のことを思い出しながら、5分ほど簡単に話して、「また帰ったら東京で会おうね」と別れた。
16
不気味だけど、挨拶してくれる気持ちは伝わる落書き

20
みんな良い距離感で歩いてる

ヨーコさんはここから無理をせずに自分のペースで歩くつもりだと言っていた。足を痛めていることをレオンで会ったヒロくんから聞いていたので、「そうした方がいいね」と答えておいた。ぼくの今日の目的地アストルガには明日着く予定だということ。こうして少しずつペースが変わっていったり、また違う人と出会ったりすることになる。

17
先に見えるのは線路

18
当然踏切なんてない、遠くからでも来ればわかるし

19
そんなに急ぐ理由なんてそもそもないんやし

もし僕が5分パンを食べ終わるのが早かったら、彼女とは会ってなかっただろうなあと思うと、タイミング良かったなあと思うんだけど、5分パン食べるの早かったら、多分ヨーコさんも5分早く出発していて、やっぱり出会ったんだろうなあとも思う。会うべき人には必ず会うのである。だからこうした偶然や縁があるなあと思う人は、それはやっぱりきっとそうで、縁があるし、必然であるし、運命みたいなもんなんだろうなあと思う。こういうことに来付けるのがスペイン巡礼の醍醐味かも、この旅は人生の縮図。

21
ただし、こういうどっちかわからん矢印は勘弁、左に決めて歩いてみる

22
地元のお母さんたちが配達パンを受け取ったあと立ち話

そしてこの運命はまだ続く。ヨーコさんと別れて1時間後、これがまた偶然次の街の十字路でイシドゥロにバッタリ。ほんとに十字路でバッタリ再会。「!?」こんな偶然あるもんだ。イシドゥロは歩くペースは僕より少しだけ早い。10秒僕が遅れてこの十字路に来ていれば、きっと会えなかっただろう。そんな偶然だった。出会うべき人には出会うもんなんだ、人生は。とかまた思う。イシドゥロは「OH〜〜〜」とか言ってまた大げさなリアクションをしている。ほんま陽気なおっさんやわ。

彼は本当はもう少し早くこの川を越えているはずだったのに、橋の無い方に歩いてしまって、結局進んだ分また引き返してこなければならなくなったということだった。で、この橋に着く直前の十字路でバッタリということだった。みんなの「何か」が帳尻を合わせて、偶然というものができているんだなあと思う。

23
イシドゥロが阻まれた川

24
石橋を渡って次の街を目指す

イシドゥロと働き方談義をしてみる

そこからは引き続きイシドゥロと一緒に歩く。今日の目的地は同じくアストルガ。(アストルガはスペイン巡礼で巡る街の中でも結構大きな都市。また飲んだくれてしまうのかしら。。。僕)彼には教会の成り立ちや用紙位の変化を教えてもらいつつ(もう忘れた)、僕は日本とスペインでは働き方が全然違う実態を伝えたりした。いわゆるブラック企業でありがちなサービス残業や過労死のことを伝えると「それはおかしい!」「そんなことあるはずない!」「そんなのクレイジーだ!」と喚いてる、まあそらそうか。

26
犬が歩いても当たる棒も何もない

27
街が見えてくる

日本人でも違和感感じるのに、シエスタとかしてるこの国からしたら意味不明なのも無理はない。水曜はノー残業デーとかそんなもんどんだけの意味があるのかと。水曜以外は残業OK、むしろ推奨!みたいなことやもんね。日本でもシエスタ導入くらいの劇的な変化ないと厳しいんじゃないか。(まあ日照時間の関係もあるか。。。)

28
カウボーイとすれ違う

29
と思ったらカウだ

31
カウwithイシドゥロ

32
カウ(キメ顔)

彼は相変わらず下手くそな英語も理解してくれようとするし、言い方を変えてわかるように何度も説明してくれる。彼はどうやらもともとスペインの日産で働いてた経験もあるらしくて、日本人のことを少し人よりもわかってるのだと。そんな経験から日本人である僕に優しくしてくれているのかもしれないけれど、それはでもやっぱり彼の優しいその人となりからなのだろうと思う。

37
晴れていてとても気持ちいい。これ雨やったらと思うと。。。

34
陽気なかかし。

35
やる気がないキリストはこんな感じか

36
ありがたい十字架

39
途中の売店みたいなところで。見た顔がたくさん!

カリモチョ、旨いワインの飲み方

でもやっぱりアストルガはやっぱり遠くて回り道をした分、今日は今までで一番歩いたように思う。しかし、というかはっきり言ってかなり疲れた!足が!しんどい!!多分それはイシドゥロにも伝わってたんだと思うけど、彼は「街に着いたらまずは、カリモチョ(コーラ+赤ワイン)を飲もう!」と言って、テンションあげ気味にしてくれたりもした。(ほんとに自分が飲みたかったのか?イシドゥロよ)

40
うおーまだ遠い。。。

41
美女が休憩してる

「イシドゥロよ、その提案は、ほんと大賛成。」と僕。まーじで喉が渇いてますからね今、セルベッサ(ビールのスペイン語)でもカリモチョでも誘われたら断りませんよ。喉乾いて無くてもね!よーーーーやく街だ。

42
到着!!!

43
役所的な建物、これがカテドラルかと思っちゃったよ

そう、アストルガもデカイ街。この街にも大聖堂(カテドラル)があるし、何と言ってもガウディの建築物もあって、観光客も多い。そしてデカイ街は、いつもながらアルベルゲがとーいんだーーー!到着後、街の中央らしき広場に。彼は奥さんがホテルで待ってると言うので、一杯だけイシドゥロとカリモチョを飲んで、一旦別れることになるんだけど、「また8時にここで飯を食おう!」という。まあアテもなかったので「いいよ!」と。「イシドゥロだいぶ好きやなぼくのこと」

44
みんな一足先に休憩モード、観光客かな?

45
カリモチョ注文すると、こんな感じでグラスにワインが入ってコーラが別で出てきた

46
コーラを注ぐと、おおちょうどいい!

アストルガのカテドラル、ガウディのお城(のような司教館)

一旦彼と別れて、アルベルゲがあるという方向に向かう。そこにヒロくん登場。おお、ここで巡り合うか。今日は何か、もういろんな人とと会いすぎて、なんかもうすごいなこの道ってなった。ということで「ほんと持つべきものは運命だよ」ってなって、おすすめのアルベルゲを教えてもらう。そして、実は巡礼当初から本を読んで画策していた旨いジビエが食える街フォンセパドゥンに行こうというとオッケーとのこと。「また明日!」と別れて一旦アルベルゲに入り、シャワーと洗濯。これをやらないと落ち着かない。(と言うか、明日の僕に殺されるw)

すでにこの生活を始めて3週間目、面倒でも重要なルーチンはさっさと終わらせないと気がすまない。(もはやカリモチョ飲んでるときも洗濯したくて仕方なかったのはイシドゥロには秘密、いやほんと遅くなれば洗濯干すところもなくなるし、乾かないし。。。)。今日のアルベルゲはいい建物を改装して作ったみたい。なんかこう歴史を感じるアルベルゲだ。

47
今日泊まるアルベルゲ

48
洗濯とシャワーが終わるとようやく落ち着いてビールが飲める

イシドゥロと会う予定の8時まで時間があるので軽く腹ごしらえ?大ビールを腹に流し込み、カテドラルとガウディのお城をのような司教館を見学する。ガウディと言えば、バルセロナのサグラダ・ファミリアですけど、こんなところにもあったのね。ここにはガウディが設計に携わったお城のような司教館があるみたい。

で、カテドラルはすごく良かった。とにかく迫力があって、写真にも入り切らないくらい、神々しくこちらも天井が高く、また柱がめちゃくちゃ太くてでかくて、ものすごい存在感。昔の人はすごいな〜と感心するばかり。中は静かで、心が落ち着きます。

49
アストルガのカテドラル、こちらもレオンに負けずデカイ

50
アストルガのカテドラル内部①ものすごく立派

52
アストルガのカテドラル内部②天井を見上げる

53
アストルガのカテドラル内部③一つずつ丁寧に彫られている

54
アストルガのカテドラル内部④ちょっと気持ち悪い

55
アストルガのカテドラル内部⑤金ピカの天使

56
アストルガのカテドラル内部⑥柱がものすごく立派

57
アストルガのカテドラル内部⑦人が隣に立つとよく分かるデカさ

外から見て大迫力だったカテドラルは内側から見てもやはり負けない迫力がある。また、アストルガのカテドラルには美術館も併設されているので、時間があれば観光にはすごくいい街。

58
美術館にあった情けなさそうな偉い人

59
浮いてる!体中の筋肉が鍛えられそなポーズ

60
こういう宗教画って目が怖い。目とゆーか体に手突っ込んでるしね

61
ゆるキャラなんだろうか。こんなキリストあるんやね、でもこの地域に入ってからよく見かける

カテドラルで結構満腹してしまったけど、続きましてガウディの城(司教館)も見に行く。といってもガウディが携わったのは途中までなんだとか。しかし外観がとてもメルヘンで、ディズニーにでもいるんじゃないかと錯覚しちゃうくらいの可愛らしいフォルム。ただ、完全にメルヘンで教会側が怒って?ガウディとケンカして、ガウディは途中で「建設やーめぴ」って言って途中までしか携わってないのだとか。(めちゃ簡単に丸めました)

62
ガウディのお城外観、後ろに少し見えるのが先程のカテドラル

65
ガウディのお城内部、白基調でキラキラしていてきれい

66
ガウディのお城にいるドクロおじさん

67
またおこしくださいませ〜みたいに言ってくれてるような気もしなくもない

キーマスターと再会、いつも陽気なオヤジ

見終わった後、8時まで時間があるので、明日の朝ごはんに良さそうな見た目、カヌレみたいなものを見つけたので、クッキー屋さんに突入。3つパイやクッキーを購入し、ジェラートとか食べるなど、よほど甘いもの欲してるんやなあと。。。そしてイシドゥロに会う8時まで時間があったので広場をうろつく。

68
誘われるままに内部へ

69
注文したクッキーを包んでもらう

70
アストルガはチョコレートも名物らしい

「なんかこの辺にキーマスターいそうだなあ」と思って、ピンときたバルに入ってみると、「うわ、ほんまにおるし!」まじでキーマスターを発見。なんだこのキーマスターセンサーもうすごいな、すごいとしかいいようないなあと自分に感心して、隣の席に着く。せっかくやしということで一杯おごってくれるという。遠慮なんかいっさいなく「まじっすか!」お言葉に甘えて、珍しい生のレモンビールを注文。

71
ということでレモンビールを注文する

72
おおなんか濁ってる。。。

73
ということでキーマスターといただきます

「うーん、やっぱり普通のが合うわ。」その間にも人気者のキーマスターは何人かとやり取りして、コミュニケーションしてた。いつもその人達が去っていったあと「何言ってるか全然わかんねーんだよなあ」というのがお決まりで、でも楽しそうなキーマスターなのである。

74
巡礼仲間と握手するキーマスター

75
握手が力強くなるキーマスター(でも何を言ってるかは分からない)

76
店先で出会った、いつか出会った巡礼仲間

■英語で自己紹介、みんなで食卓を囲むアルベルゲ

時間はジャスト8時!イシドゥロと合流するためにキーマスターと別れ、ダッシュで昼に飲んでいた店へ向かう。二人で飯くうかと思いきや一杯の半分飲んだくらいで自分とこのアルベルゲに連れてかれてパーティに参加させられるらしい。で、もうすぐ始まるからということで、急かされてワインを一気に飲み干すと、言われるままに連れて行かれる僕。

77
早めに来ていたイシドゥロは先にワインを嗜み顔

そのアルベルゲには、その日泊まっている人達と運営しているホスピタレイロ、ホスピタレイラあわせて20人位いた。見た顔も居るんだけど、急に連れてかれたもんだから借りてきた猫状態。しかもそこにいるみんなで食事をするのだけど、その前に自己紹介するシステム。

名前とどうしてカミーノを歩いているのか、これを一人ずつ順番に話していくのだ。当然日本語はだめだもんな〜、英語かスペイン語・・・こんなの学校でもやったことないのになあ笑。当然ながら僕にも順番が回ってくる。下手くそな英語で自己紹介ーーーきい!ほんともっと酔っ払っておけば良かったよ。

79
ホスピタレイロから仕切ってみんなで食卓を作っていく

80
ザビエルみたいな人も来てくれた!本物や。

81
みんなでご飯を楽しく食べる。

こりゃ本格的に英語やらないとと決意。英語かスペイン語、どちらができれば世界の大半は大丈夫。ここには少なくともどちらができる人ばかり。両方できないのは僕ひとり。帰ったらまずは英語から始めたいと思う。ということで、今日も貴重な経験を積ませていただきましたとさ。

82
スケボー少年と帰路につく

83
夕焼けと言っても夜10時前。帰ってビール飲んで寝よう〜

※この記事はその日書いたものをベースに、後日加筆修正を加えたものです。


1件のコメント

  1. こんにちは!夕方にメゾンドネコの階段付近でおしゃべりさせて頂いた者です(Nagaseさんの友達です)。
    ネコ写真と共に旅写真や旅行記も大好きなので、いむりんさんのブログはドストライクです(^^) 楽しみに拝見させて頂きます♪

    • CAT.さん
      こんばんは、さっそくありがとうございます!!!今日は少しでしたけど楽しかったですね!猫大好きですけど同じくらい旅も好きなので、このブログはそんな感じの建付けになってます!ちょっとでも読んでプラスになったらうれしいです!目標は読んだ人にスペインいってもらうことwぜひどうぞ!www

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA