【スペイン巡礼23日目】真冬から真夏へ!5月の気候がカオス


■本日の工程
2016年5月3日 巡礼23日目
フォンセバドゥン(8:00)→ポンフェラーダ(15:30) 約27km

思ったよりも温かい朝。朝日がいつもより濃い気がする。今日は宿泊費用にインクルードされていた朝食をとる、朝起きてたらシリアルやパン、フルーツが出されていて、勝手に食っていけというシステム。標高が高くて寒いと思いきや、なんかその分太陽が近い気がして、日差しがいつもよりあったかいので、気温も低くても気にならない。寝る前に仲良くなったドイツ人のおばちゃん軍団と玄関先でばったり会って挨拶して、別れた。

1
朝7時ごろ日が昇る、いつもより標高が高いので見晴らしがすごくいい(まあいつもいいんだけど)

美しい街と噂のポンフェラーダに向かう

昨日は上り坂だったけど、上りが終わると下りが待ってる、体力的には大丈夫だけど足にきそうで、すこしビビりながらの出発。

4
やっぱり見晴らしはいい、今までとは違う山の景色

5
石が積まれた丘の上を登っていくと・・・

6
十字架。この石は巡礼者の一人ひとりが積んでいったのだとか。みんなの気持ち。

角の生えた巨大な牛がすぐそばにいる。紐を張っただけの頼りない境界線だけど、その紐を越えてはどうやらこちらに来ない様子。突かれたらひとたまりもありません。角もそうだけど、目も怖い。こないだイシドゥロと見た生き物と同じとは到底思えない。

7
親子かな

8
角というかこの目よ

9
いっぱいいて、こちらを見てる、迫力がすごい

今日の目的地はポンフェラーダ。「beautiful!」とイシドゥロと歩いていたときに彼は何回も言っていた。まあ美しい街は大歓迎、楽しみ。キッチン付きのアルベルゲに泊まって今日は自炊して胃を休めようと思う。そんな風にヒロくんと話す。(どうせ飲むんだろうけど、、、)

10
道が石で、つるつる滑る。。。歩きづらい。

11
丘を越えると矢印まみれの小屋が、、、この地点から様々な土地までの距離が書いている

12
チャリンコ族。この道なら走りやすいね!

15
遠くの山はまだ雪が残ってる

16
次の街まではまだまだ遠いぞ!

17
と思ってたらゆきちゃんに後ろから追い越されていく。軽々ひょいひょい下っていく

下り途中の町で小休憩。その町では猫とも遊ぶことができた。何匹かいるようだったので、後を追いかけて遊び場を探る。スペインはほんと猫が多くて、しかも美人さんが多い印象。思っても見なかった、その分歩くのは若干(結構?)遅れてしまうのだけど、心地よい誤算。

18
チョコパンとファンタ。日本じゃ絶対食わない組み合わせw気温も上がってきて喉乾くんです

19
パン食ってたら犬が遊びにやってきた、いい顔してるなあ

20
かわいい猫も見つけた

21
何か言いたそなそうな顔

みんな違ってみんないい

さて、昨日タイミングよく街で出会って、今日も一緒に歩いてるヒロくんとは特に「一緒に行動しましょう」なんて言ってないんだけど、ペースが合うので自然に一緒にいる感じ。「今日はどこまで〜」なんて話して、じゃそこまで一緒に行くか、というか「このアルベルゲ泊まる予定やから一緒だったら飯作るか〜」みたいな感じで緩い約束で行動を共にするのが面白い。

また一人でいたくなったら一人になればいいし、なんと楽。(ちなみにヒロくんはウーフーという農業支援制度で学んで、農業しつつで将来ゲストハウス開いたりするみたい。今はすべて断捨離して家も引き払ってここにきてるみたい。)

2
二人で歩いてみる、あしなげー!

22
やっぱり歩いている人は増えてきてるみたい

「○○しなければならない」「○○べきだ」みたいなことがないのが、スペイン巡礼、カミーノの良いところ。世界中からきているのだから、バックボーンも常識も価値観も考え方も全員違う。国籍だって肌の色も、年齢だって性別も、ついでに猫好きも犬好きも、みんな違ってみんなそれで完璧で。

23
道中の街の教会

24
素敵な石造りの街

25
日本では見られない街並みですね

26
家の小窓についていた貝のシンボル

27
家造りの様子も見れた

配慮や思いやり、気遣いはすごく大事だと思うけど、空気は読まなくてもいい。全員が認められる社会がここにはある。

殺人サンドイッチ!口の中が大怪我する美味しさ!!

今日はよーく歩いた、という印象が体の感覚でわかる。過去形にしちゃだめだ、今も現在進行形、もう少し頑張れ自分!しかし足がとても疲れている。登りに下りに、そして山道が続く。

28
それでもみんな楽しそう!「額のカメラいいね!」と言ったら持ってたカメラも褒めてもらえたので、記念に撮っておいた二人

29
巨木に思いを馳せる人(知らんけど)

30
まだまだ山道は続く

地図で見ると30キロはなかったのに、上りや下りになると歩く距離は同じでも距離は短くなってしまうから、そりゃ当然か。今度からは直線距離だけじゃなくて、高低差も考慮にいれてちゃんと計算しないといけない。今頃気づくなと言う話ではあるし、でも考えてなかったからここまで距離的には順調にきているということもあるなあと。

31
いい時間になったのでこの街でお昼ごはんにする

32
スーパーメルカド(まあスーパーです)に入る

33
鮮やかな果物、野菜が並ぶ

34
あ、ゆきちゃん!道端で花を摘んでたらしくていつの間にか追い越していたみたい

35
顔面がすっぽり隠れるパンでサンドイッチをつくる

36
肉はいつも食ってるので、今日はチーズとトマトとツナのサンドイッチ、奥のビールがないと窒息死するとこだった

37
これが旨いんだが、デカすぎるのと、カタすぎて、腹一杯になる上に口の中めちゃくちゃケガしたw

ということで、もうひと踏ん張り、目的の街ポンフェラーダへ!10kmはないはずだから大丈夫なんだけど、暑い!今何度なんだ、気温みたらめげそうだけど。。。途中また道が2つに別れた。近いけど面白くなさそうな国道沿いの道、遠回りだけど巡礼路っぽい小さな道。ということで迷わず(いやちょっと迷ったが)後者を選択!

38
天気がいいのでついつい陽の光を浴びた草花に目がいく

42
鮮やかだけどふんわりとした世界観

41
青空に自己主張しすぎない黄色が素敵

40
道はこっちよと教えてくえる、じつはこの子も青と黄色のカラーリング

39
陽とふじの合わさった光が心地よい

スペインの気候に驚愕。5月の気温って

今日もご苦労様、ようやく街についてふと気温を見ると27.5度。えらい気温になっている。一昨日の朝は3度だったのを見た真冬。今は完全に夏。えスペインの気候ってどうなってるん??体おかしくなるんじゃないの?と心配になる。しかし、この日差しはすごい。これ5月の気候ですか?てゆーか5月の気候ってどんなだっけ??

45
ひえー27,5度!!!あついよ、夏だわ。

ホントの夏とかにきたらこりゃ歩けないんじゃないかなこの時間。今は比較的歩きやすい気候の時期だと思うけど、今後みんなに勧めるときには、「気候のことはきちんと考えて計画しないといけないよ」と言ってあげないと、まじで全然歩き方変わって来ると思う。

44
見たことない樹木

街の入口というか裏口にあったバルでヒロさんにビールをおごってもらう。しかし運動が終わって喉がカラカラの時のビールは最高にうまい。昨日は生がなかったので、瓶ビールばかりだった(いやカリモチョばっかか)。すごく久しぶりな気がする。日本では生よりも瓶がいいと思ってたけど、やっぱり疲れた体乾いた喉には生がいい。喉が渇く暑い日は生で決まりなのはどこにいても同じですね。やっぱり日本では体の動かし方が足りないんだろうなあ。生を飲みたくなるほどに体を動かせということか(多分ちがう)

43
おかげでビールがうまいこと(ただ一瞬でなくなる)

アルベルゲのトイレとお風呂事情

アルベルゲまで一歩きして、まずはいつも通りシャワーを浴びて洗濯をする。今日は到着時間が遅い方なので洗濯物を乾かすために急いで準備。

今日のシャワーは比較的温かかった。アルベルゲのシャワーは今の所五分五分で温度調節ができない。できないといっても冷たいもの以外は適温に設定されてるからまあ安心。でも水みたいなお湯が出てくることがあるから注意が必要。確かめてからシャワー浴びないと僕みたいに風邪を引いてしまう。(夕方になると水しか出ないところもあるのでほんとに注意)

ここのシャワーはスイッチを押すと、一定時間お湯が出る仕組み。ちなみにお風呂やトイレの電気もセンサー式のところがあるので、中にいるのに電気が切れたりすると、何もないところで「いるよー、ここにいるよー」とセンサー部分に手を振って自分をアピールするといった間抜けな仕草をたぶん誰しもがやっている。笑える。

親子丼を自炊!!疲れた体には日本食!

さて、これから夜の買い出し、ヒロくんゆきちゃんと、胃を休めるために体に優しそうな「親子丼を作ろうか!」ということになった。買出しがてら大きなカテドラルを見て、街を散策。人が半分以上地面に埋まってしまったモニュメントを見たり、変な造りの町をジェラートを食べながら練り歩く。

50
街で水遊び、疲れた足を冷やす

49
カテドラルの入り口

47
カテドラル内部1

48
カテドラル内部2

46
埋まったモニュメント

僕とヒロさんは小さめのジェラート2.5ユーロ。(クソ高い!アストルガだったらこの半額くらいで食べれたのにー)ゆきちゃんは大きな3.5ユーロを注文。すると、ゆきちゃんのはお釣りを間違ったからか、それともやっぱりかわいいからか!お釣りが多めにきてる!やっぱりかわいいからか!仕方ない。スペイン人め。(でもそんなことは本当にあるらしいw)

51
暑いからなー冷たいのを食べたくなる

52
うまそうです、ぐひひ

53
味わうヒロくん

54
ごきげんなゆきちゃん

55
それぞれジェラート片手にスーパーを探す

思いの外大きなスーパーを発見して、買い物。今日のメニューは親子丼。いついってもスーパーは面白い。信じられない値段でいろんなものが売ってるし、今回は鮮魚コーナーの並び方が独特だった。

56
魚の飾り付け?が特徴的なスペイン鮮魚コーナー

57
すごい顔ぶれ 死してなおとびかかってきそうな形相

58
渦巻く魚たち

60
こちらはお肉コーナー注文したチキンを切ってもらう、カメラを向けると照れてやめてーーーという、まあそうだな、すんません。

こっちでは安くてたくさん買ってしまう。一通り以上に買ってアルベルゲに戻るとキッチンは大混みで、調理も少し順番待ち。野菜を切って待ってよっかと、袋から玉ねぎを取り出すと、「あっ!!!」親子丼に一番大事な醤油買い忘れた!もう一回むかう。クソ暑いのに、めんどくさいのに、、、でもまあ醤油がないと始まらないのでいくしかない。

61
夜のキッチンはごった返し。

62
出来上がった親子丼!!!うまーそーうー!!

ゆきちゃんが味噌汁持ってたのでみんなでシェア、異国の地で食べる親子丼のうまいことよ。この日キーマスターは熱中症みたいなことになっていて、食欲も飲み物もあまりいらないってことでおとなしかった。後半は盛り返したかな。「熱中症で顔色赤らいだ」的なこと言ってるけど、いつも真っ黒というか赤黒いので、わかんない。とりあえずお大事に。。。

63
何はともあれワインを空ける。毎晩恒例。

64
キーマスター少しは体調良くなったろうか。

65
部屋に飾っていたキリストの絵画なんだが、あの右上の顔が気になりすぎる

韓国のジェンダー論にもすこしふれたりして、国際的な話をしていろいろ考えていると消灯の時間。もしかしたら今日でお別れかもしれないキーマスターに日本帰ったらお疲れ様会しましょうと、刺身を食べさせてもらうことを約束して、それぞれの部屋に帰っていった。

66
外ではまだみんな楽しんでる、話はつきないんだなあ。

※この記事はその日書いたものをベースに、後日加筆修正を加えたものです。

【スペイン巡礼780km|自分探し旅行記まとめ】
2016年4月11日〜5月10に敢行したスペイン巡礼780kmにわたる自分探し・世界遺産・三大聖地を巡る旅として30日間ひとりぼっちで旅に出てきました。ここではその旅のまとめ、僕自身の備忘録として、スペイン巡礼に関するあれこれ(準備、持ち物、費用、ルート、日数、言語等々)をまとめています。

スペイン巡礼780km|自分探し旅行記まとめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA