【スペイン巡礼4日目】プエンテ・ラ・レイナの王妃の末裔のバルで昼飲祭!?


■本日の工程
2016年4月15日 巡礼4日目 
シスル・メノール(8:00)→プエンテ・ラ・レイナ(12:45):19.2km

朝一でタクシーを呼び昨日歩いたシスル・メノールまで戻る。タクシーに乗り込むとき、他の巡礼者が「何でタクシー?」と不思議そうな顔をしてこちらを見ている。そりゃそうか。

ALTO DEL PERDON アルト・デ・ペルドンで早くも同窓会

今日は、昨日ご飯を食べたメンバーと待ち合わせをしていることもあって、プエンテ・ラ・レイナという街で泊まることは決めている。距離でいくと20km程度。地図で道のりを確認すると最初の山を登りきれば楽勝の道。という軽い気持ちで臨んだら、やっぱり山のてっぺんまでが、みんな黙ってしまうほど結構ハードな坂道。(なんせ足が痛い。。。)

IMG_9062
見晴らしがいい(曇ってるけど)!ということはその分標高が高いということ

IMG_9064
かたつむりがたくさんいる

やっぱり地図で見るのと、実際登るのとでは大きな差がある。でもその分登り終えた山頂は景色が良い!その場で撮影していると、これまでの3日間で顔を合わせてきたメンバーと続々と再開する。

この場所は特徴的なオブジェALTO DEL PERDON アルト・デ・ペルドン(赦しの峠という意味)が設置されていて、この峠を越えたあと、もしも事故なんかにあったとしても、目的地のサンティアゴ・デ・コンポステーラに来たことと同じ恩恵をうけるようで、つまりは全ての罪を赦してもらえる場所らしいです。スペイン巡礼の名所だといえる。

IMG_9088
巡礼名所ALTO DEL PERDONのオブジェ

IMG_9082
と、そのときはこの場所の意味を知らずテンションの高い3人

IMG_9100
フューチャージャックとも再会!

今日はその場で会った日本人男性と行動をともにした。ずっと教員をしていたらしい、今はいろんなところを旅してまわってるらしい。去年は中国、インド、今年はロンドン、パリをそして、今はこのスペイン巡礼の道を歩いている。けっこうクレイジーだ(あ、もちろん褒め言葉)

IMG_9054
山に登る前にシスル・メノールでタクシー降りたところで初対面

次に、いつも追い抜き追い越されしていて、挨拶程度しか話したことはなかったんだけど、なんだかんだでいつも同じ街に泊まっていたバーバラ、アレンの兄弟ともゆっくり話すことができた。バーバラは3年ほど日本の大学に籍を置いていたらしく、日本語がすごくできる。兄のアレンは日本語はできないけど日本のアニメ、特にワンピースが好きなよう。

IMG_9127
左からジャック、アレン、バーバラ

IMG_9098
登ったら降りる。景色は最高にいいけど、歩くとなるとやっぱり大変

バーバラはサンフランシスコ、アレンはロサンゼルスに住んでいるらしい。アレンは昔にアキレス腱をぶち切って今も引きずっているみたい。しかも1日目のピレネー超え(ぼくは諦めたところ)をしたらしくて、初日から結構なダメージをおったらしい。

ちなみにこの日本人の元教員もチャレンジしたそう、、、オフィスであんなに言われたのに?「絶対行くな、お前死ぬぞ」と言われてるのにも関わらず、行くって、ねえ。(僕もホントはそちらに行きたかったです)

IMG_9172
絵に描いたような道、天気も良くて歩くには最高

IMG_9176
菜の花畑がとにかくすごい

IMG_9209
ジャックが馬と戯れてる

プエンテ・ラ・レイナの見どころ!ロマネスク様式の王妃の橋

さて、道中、元教員のクレイジージャパニーズ(褒め言葉)と歩いていて、教員時代の話を聞かせてもらった。その中では、やっぱりクラスには変わり者がいるけれど、だいたいはそういう変わり者の方が、将来大成するらしい。

そして多分僕も、その(変わり者)中にいれてもらって大成しそうだけど、やっぱり人生は甘くないっていう現実もちゃんと具体例を上げて説明していただいたり。ありがたいことです人生の先輩。

IMG_9147
突然こんなありがたい像がでてくる

IMG_9151
フューチャージャックが地図とにらめっこ

IMG_9166
またかたつむり

IMG_9214
とある街の教会

IMG_9219
今まで見たことのないほっそりしたキリスト像

そんな感じで話しながら歩くと意外に街には早く着くんですよね不思議と。ということでつきました、本日の目的地、プエンテ・ラ・レイナ。町並みはすごくおしゃれな感じ。あんまり大きすぎる街よりもこれくらいの町のほうが落ち着く。この街には歴史ある石橋があり観光の名所にもなっっているのだとか。

IMG_9249
上を見上げるとそびえ立つ教会

IMG_9258
なぜか写真を撮ってくれと地元の娘にせがまれて喜ぶ人(僕)

さて、プエンテ・ラ・レイナは町の名前の前に11世紀に架けられたロマネスク様式王妃の橋の名称だった。そして、そのプエンテ・ラ・レイナという橋の名前がそのまま街の名前になったみたいで、とても歴史を感じる素晴らしいシンボルでした。

IMG_9272
有名な名所!プエンテ・ラ・レイナの石橋

IMG_9260
の上で好き勝手する人たち

もう一つのプエンテ・ラ・レイナの名所に認定!素敵な母娘がやってるバルでビールを楽しむ

結局今日はその後もけっこうな時間をこのクレイジー元教師と一緒に過ごすことになるわけだけれど、この人が途中から一緒にいたジャックにキーマスターと名付けられる事になった。

と言うのも、この日時間があったので、ジャックとナリとで、ヨガのポーズをして一緒に遊んでいたのだけど、ジャックがカンフーのポーズをとってたところから、少しずつ映画MATRIXの話題へ。そこに出演しているキーマスターというキャラクターがアジア人だったという理由だけで「キーマスター」に!

IMG_9421
ヨガからカンフーへ

IMG_9433
そしてMATRIXへ(もはや酔拳か・・・)

晩ご飯まで時間もあるし、お酒が好きなキーマスターが「ゆっくり宿で飲もまない?」ということになり、スーパーへ買い出しに。スーパーへ行くと言っても場所がわからないので、街の人に聞くと、「シエスタなんじゃない?しまってるかも」とのこと。

そうスペインはだいたい14〜16時くらいはお昼休み、シエスタになるんだった!「何!?まじか!」でもまあ自分の目で見ないと気の済まない我々は言われた場所まで行ってみると、なんとやっぱりスーパーは閉まっていた。めっちゃショック!

「買い出しして飲めないのなら、飲める場所を探して飲むのみ!」ということでキーマスターとともに良さそうなバルに入ってみた。

そしたらそこのお母さんがまためちゃいい人で、そこの店の若い店員(多分娘)もむちゃボニータなわけで、そして料理もおしいことも手伝って、昼間っからガンガンビールが進む!歩き終わった後のビールはいつも最高!ここも名所の1つに認定(勝手に)!

IMG_9344
店に入ると目だけでも楽しめるカウンター

IMG_9349
特大ビールを笑顔でついでくれた、ジョッキもめちゃ冷えてる!このバル最高!

少しつまみも頼んでみた。一通り食べてワイワイしていたら、これまた頼んだモノ以上にサービスとしかてくれて、もうなんかいろいろこの店とか、この国とかいろいろ好きなだなって思った。もしかして王妃の末裔か?知らんけど。

これからもいろんなバルに通うだろうと心に決めました。これからいくだろうスペインのバルはこの母娘に感謝して下さい。

IMG_9351
パプリカを煮たものと卵をあわせて食べる

IMG_9360
とあるツマミが無いのかを日本語で確認するキーマスター。何故か伝わるのが、ほんとすごい!

IMG_9372
親子でお店をやっているらしい、とっても気持ちのいい店だった!この人達はきっとプエンテ・ラ・レイナの王妃の末裔やー!知らんけど。

そんなこんなを経験してきてから気持ちのいい気分で、このブログを書いている。大自然の中でPCをたたいているの不思議なようなでもとても心地よい。今までの人生の中でこんなに開放された時があっただろうか?ついついそんなことを思ってしまう。

洗濯物を取り込んできたナリが戻ってきた。遠くで部屋の仲間がふざけている声が聞こえる。デイジーのテンションは相変わらず高い。いつも笑っていて、その場が明るくなる、彼女はそんな存在。

IMG_9294
洗濯物チェックをするジャック

IMG_9295
足を冷やすデイビッド、みんな自由。

IMG_9460
ご飯前にまたみんなで記念撮影

わかったぞ!運命の正体

一通りふざけ終わった頃に晩ごはんの時間みたい。まだまだふざけられるほどの明るさ(というかもはや昼と一緒)だけどもう19時。こっちの19時は本当にまだまだ明るくて調子が狂っちゃう。晩ごはんは、これまた一緒に泊まっている人たちと同じテーブルを囲んでみんなで食事。

IMG_9464
テーブルを囲んで食事をするのはここでは珍しいことではない。一期一会を大切にする

どうやら隣の人は、僕と一緒に行動していたことからキーマスターを親子だと思っていたらしい。違うよと答えたところから、テンションの高いキーマスターの一挙手一投足を面白がっている。キーマスターも基本日本語だけど、とても人気者、やっぱり言葉は関係ないんだよねーとここでも痛感。

おもいっきり日本語でも、それでもこちらが話しかければ、コミュニケーションをとろうとしていることは十分伝わるし、そこにわかりやすいジェスチャー、笑顔があればそれだけで笑いが起こる。笑いが起こればその場には柔らかな空気がみんなの笑顔を運んでくる。笑いに国境ははないのだ。

IMG_9468
デイビッドはこの日パンばっかり食べてた

夜ご飯を食べた後はアルベルゲにおいてあったビリヤードで遊んだり、ビリヤードに飽きたらまた飲んだ。ここにきて1日が全部まるっと楽しい、一瞬たりとも楽しんでいない時がないなだもの。

IMG_9504
ビリヤードする姿は俳優みたい

IMG_9508
楽しそう、見てるだけ(写真撮ってるだけ)でも楽しかった

IMG_9536
海外でよく見かけるアナログなサッカーゲーム!

IMG_9532
デイジーも挑戦、めちゃくちゃ楽しそう!

常に記念の撮影がされてる気がする

IMG_9543
いつも傍らにはサンミゲル。このエリアではこのビールが特に多い!安定のうまさ!

デイビッドにデイジー、ジャックにナリ、ピンと僕。このチームの一員となって、歩いて、飯食って、ふざけて、寝る。そんな僕はとても幸せだなあと、酔いも手伝ってか就寝時間が過ぎてるのに、高揚感を抑えられず続きをまたせっせと書いている。

だって今はみんな一緒にいるけど、当然一緒にいなかった可能性だって十分に考えられる。キーマスターだって一緒に飲みに行くなんて、、、昨日は存在すら知らなかったんだから。会っているのが当たり前ではない、偶然だけど、その偶然を引き当てたのはやっぱり僕で、そしてその偶然が、いわゆる運命の正体なんだろうなあと思う。

※この記事はその日書いたものをベースに、後日加筆修正を加えたものです。

【スペイン巡礼780km|自分探し旅行記まとめ】
2016年4月11日〜5月10に敢行したスペイン巡礼780kmにわたる自分探し・世界遺産・三大聖地を巡る旅として30日間ひとりぼっちで旅に出てきました。ここではその旅のまとめ、僕自身の備忘録として、スペイン巡礼に関するあれこれ(準備、持ち物、費用、ルート、日数、言語等々)をまとめています。

スペイン巡礼780km|自分探し旅行記まとめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA