【写真日記173】トリミング


この3連休で学友と共に植田正治美術館に行ってきた。

植田正治のご子息(おじいちゃん)にお会いして、
貴重なオリジナルのプリントを見せて貰える機会にも恵まれた。

撮影したオリジナルのプリントと最終的に作品として
世に送り出した写真を見比べると全く別物だった。

写真はトリミングの仕方によって、全く異なる表情を見せるみたい。

切り取り方を変え、意味づけを変えると、作品の仕上がりが変わってくる。

翻って人生を1つの作品とした場合、
やはり同じなのかも知れないなと思ったりする。

出来事を見つめる角度を変える、方向を変える。
起こった内容は同じでも受け取る意味は変わってくる。

人生が作品だとしたら、やはり自分で制作できるものなのかもしれないな、
なんて思ったりしてる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください