【写真日記36】化身としてのしじみ


しじみ汁を飲む、
しじみをほぐす、
ちびっこい蟹と対面する。

で、思うわけです。

人間にとっては至福のスープもしじみからしたら地獄の釜なわけで、
でも蟹からしたら地獄に辿り着く前に、
地獄の釜にぶち込まれる予定の淡水域住まいの小型二枚貝の養分にされてるわけで。

今回はたまたま蟹が消化されずに残ってたけど、
そう思うと貝の形をした蟹を食って生きてるわけで、
貝ってなんだ?形ってなんなんだ?

こんなふうに思うんです。

蟹を食わないしじみがいたら、それはもう今日食ってたしじみとは随分と違うわけで、
でもしじみと言われるんですよね。

形とかDNAとか知らんけど。

お前は蟹なのか?蟹の化身か?
それとも蟹ではない貝なのか?
何の化身だ?貝ってなんだ?
人間ってなんだ?自分ってなんだ?

って私は何に憤っているのでしょうか。

とりあえず飲んだ次の日には体にやさしくて大好きです。
(毎日飲んでるやんけと嘯いた人は地獄行き)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA