スペイン巡礼に欠かせない持ち物!実際重宝した16の必需品


こんにちは、いむりんです。スペイン巡礼初めていく!となったらまず気になるのが持ち物ですよね?行く前は僕も経験者に話を聞きに行ったり、検索したり色々やりました。でも持ち物なんて実際に行ってみないとわかんないもんです。

ということで、スペイン巡礼に必要な持ち物を自分が持っていったものに加えて、向こうでみんなが使っているものを見て、便利だったものや、こんなのあればよかったなあと思ったものを4つのカテゴリーに分け、さらに優先度を2つに分けてみました。

優先度高め:◎ 絶対いる!! 16アイテム

優先度普通:◯ あればよい  24アイテム

なので、ここにあげた持ち物だけあればもう準備OK!大丈夫!まさにスペイン巡礼のための持ち物決定版だと言えるでしょうね、我ながら。持ち物の数は多めに見えますが、かさばらないものや軽いものもあるので、めちゃくちゃすごい量だ!というほどでもないです。

「◎の絶対いる!!」の持ち物だけでも十分OKです!基本的に「◯のあればよい」の持ち物に関しては快適度合いや安心感が変わるだけだとお考えくださいませ。

IMG_9172

荷物の重さの基準

荷物の重さは体重の8〜10分の1(だいたい6〜8kgくらい)を目安にします!まず基本的な考え方としては、持ち物は最小限にし、できるだけ軽くすること!これがベースです。

大事なのでもう1回!自分の体重の8〜10分の1を目安にするといいんですよ!なのでまあ持ち物を取捨選択して最終的には6〜8kgくらいに抑えることが重要ですかな。重い人は途中で持ち物を捨てていました。(結構いました)

で、「どやって計るんだ?」となったらこれです。

荷物の重さ=(自分の体重+荷物の重さ) − 自分の体重

これで背負う荷物だけの重さが出ます。持ち物を一式詰めたバックパックを背負って体重を計るでしょう?それで、あとから自分の体重だけひけば、持ち物の重さが出てきますね。(ぼくはこのやり方を思いつかず、だいたいこれくらいだろうと持っていったら14kgありました。@巡礼者のオフィスで測る機械「アホか」と思ったところからスタートしましたよね)みんなに変態扱いされました。

持ち物の中で特にウェイトを占めていたのが、カメラ2台(一眼とコンデジ)にノートPC、あとバッテリーで2〜3kgはあった、アホです。PCはまじでいらんかったーー!捨てるに捨てれなかったーー!写真は撮りたかったので一眼もっていったことに後悔はないが、、、ないけども!

IMG_9295

持ち物一覧

持ち物の一覧はこちらです。基本的には必需品(優先度高めの持ち物)は◎をご覧ください。

メインに使う(歩く時に装備する)持ち物編 16アイテム

◎バックパック&ザックカバー
◎靴
◎寝袋 (シュラフ)
◎レインジャケット(レインウェア)
◎ウルトラダウンジャケットやフリース
◎Tシャツ
◎ズボン(外履き用)
◯トレーニング用インナー
◯スポーツタイツ(登山タイツ)
◎下着
◎靴下
◯トレッキングポール(登山ストック)
◯帽子
◯水筒
◎ヘッドライト
◯ホタテの貝がら

サブで使う、アルベルゲで使う(常備しておく)持ち物編 6アイテム

◎サンダル
◯スウェット
◎オールインワン系シャンプー
◎タオル
◯洗濯バサミ&パラソル(タコ足)ハンガー
◯洗濯用洗剤

薬や治療関連の持ち物編 8アイテム

◎爪切り
◎絆創膏、キズパワーパッド
◯薬
◯針と糸
◯消毒液
◯ワセリン
◯日焼け止め
◯歯磨きセット

その他あると便利系持ち物編 10アイテム

◎トイレットペーパー
◯サバイバル用の10徳ナイフ的なあれ
◯フォークやスプーン
◯国際キャッシュカード
◯調味料
◯カメラ
◯充電器
◯シークレットウェストポーチ
◯自分アピールグッズや楽しみグッズ
◯シリコン製ワイングラス

ここまでのスペイン巡礼に必要な持ち物の詳細については下記にまとめています!

でも準備と言えば、まずは、この本
人生に疲れたらスペイン巡礼~飲み、食べ、歩く800キロの旅~ (光文社新書)
で準備の準備を行うことをオススメします!僕がスペイン巡礼に行くきっかけを作ってくれて、巡礼中も持ち歩いていた素敵な書籍です。心の準備に貢献してくれること間違いなしです!

メインに使う(歩く時に装備する)持ち物

◎バックパック&ザックカバー

これがないと始まりません。持ち物の議論もできませんから!だいたいみんな35〜45Lくらいのバックパックが多かったです。(30Lくらいもいましたし、ぼくは50でした)基本荷物はパンパンでした。だからたくさん持ち物が入ると便利なんですけど、入るということは入れちゃうということですから、重くなるわけです。それは困るので、できるだけバックパックは小さいのを選んだ方がいいかもしれません。限界を作ることから始めるもの大切!

あとザックカバーは絶対要ります。だって雨降りますから。濡れたら嫌ですのでね!ちなみにバックパックについているものと別売りのものもがありますから買うときに確認を忘れずに!

僕はこれを持っていきました。
ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) バンチー 50(Banchee 50) NM61605 BB ボンバーブルー S/M

一番の特徴は背当て部分に人間工学に基づいたアルミフレームが入っていてフィット感が良かったのと通気性がよかったこと。長時間背負って歩くことを考えるとこの辺が結構大事かなと思って購入しました。あと小分けで入れるポッケもいろいろあるので用途に合わせて持ち物を分散して入れられました。でも相性あるので、必ず実際に背負って選びましょう!あと背負い方で随分楽になります。正しい背負い方も聞いておきましょう!

◎靴

持ち物というか履物ですけども、靴は本当に重要!靴とバックパックがなければどうにもなりませんですもの!ただ、靴は好みが分かれるところでもあります。道は山もあれば平地もあります。なので、スニーカーで来てる人もいればトレッキングシューズできてる人もいました。でも無難なのはトレッキングシューズかと。あと雨も結構あるので、防水性のあるものを選んだほうがいいのは間違いない!

コロンビア(Columbia) スティーンズサミット アウトドライ 675 メンズ YU3643 28.0cm

ということで、僕はこの子のブラック。巡礼路だけでなく、巡礼前後の観光時なんかもブラックだと合わせやすいので決めました。そんなに高くないし。トレッキングとウォーキングの間くらいがベストだとかいう声が多いです。

◎寝袋 (シュラフ)

要ります。アルベルゲにはベッドがあるだけです。ベッドに寝袋をひいて寝るんですね。あとベッドに寝袋を広げておけば「ここはオレのベッドだ!」と言っていることになります。ただし寝袋はかさばらないのをおすすめします。(持ち物の中で一番かさばります)寒いと思ってぼくは重いのを持っていって失敗しました。3シーズン用でOKです、アルベルゲには毛布も貸してくれるところもあるし。

これは他の持ち物の兼ね合いからも500gくらいのにしといたほうがいいですね。ほんと。寒くても持って行ってた服とか着ればなんとかなりますから。(寝袋持っていかなかったオヤジが30日歩いていた、しかも日本人。でもピンピン生きてたw)

5月以降いくなら【全5カラー】 軽量 封筒型 シュラフ 寝袋 キャンプ アウトドア 並行輸入品 (サックス)これくらいが安くて軽くていいので、次回はこれくらいの持っていこうと思います。山頂のみフリースでも着ておけば問題ないですからね。

◎レインジャケット(レインウェア)

これは便利。要る。絶対。持ち物というより必須の装備品。ない人は途中で買ってましたし。雨降ります。風吹きます。寒いです(4,5月くらいでもまじ寒いです)雨も降っても大丈夫だし風通さないしほんとありがたい。ちゃんとパンツも買っておいたほうが良い。いろいろあるけど、ゴアテックス、やはり間違いないです。詳しくはこちらのページに説明してくれてました。ポンチョ型もいいけど、寒さ対策も兼ねるとやぱジャケットかな〜。

◎ウルトラライトダウンジャケットやフリース

僕が歩いた4月5月は寒かった(ハイシーズンの7,8月以外は結構寒いみたい)ので、朝晩は毎日着ました。重くもないし、コンパクトにもなるし言うことありません。フリースもあるとよいです。アルベルゲではよく着てました。楽だし。歩くときも早朝は寒いので、フリース・ダウン・レインウェアと着てました。優先度の高い持ち物。こいつは要ります。

◎Tシャツ

雨降って洗濯したくない事を考えて2、3枚あるといいですね。(1枚は長袖が無難)寒ければ重ね着できますし、上に着たのは次の日も着れますし!派手なのは洗濯干していても、間違って持っていかれないからいいよ!

◎ズボン(外履き用)

便利なのは途中でジッパーがついていて、長ズボンにも半ズボンにもなるタイプ。寒い時暑い時ほんと差が激しいですからね。ゆーてもほとんどぼくは切り離さなかったので、長ズボンでOKかな。だってめんどくさいんやもん。1枚だけしか持っていかなかった。登山用のズボンは乾きやすいのがあるのでね。タイツ履いてるし、何日か履いても大丈夫!臭くない!臭くてもいい!(少しなら)

◯トレーニング用インナー

これもいい。持ち物というより装備品、基本的に毎日着るのでかさばらないと思う。歩いていると汗かきますから、昼になるとまた暑いんですよ。でも止まるとまた寒いとかあるんですね。そんなときに速乾性のあるシャツがあると随分助かります。それに洗濯したとき乾きやすいんですよ、これは大事!!万が一雨降ったりして、乾かなかったときも湿ってても着ると体温ですぐ渇きます。一番下のインナーだけ乾いとけば、あとはどうにかなります。それくらいの気持ちにはすぐなります。僕は(アンダーアーマー)UNDER ARMOUR UA HEATGEAR ARMOUR SS MCM3749 010 BLK/BLK MDをもっていきました、帰ってきてからも使えますからね、トレーニング用としても。

◯スポーツタイツ(登山タイツ)

足はもう、一番使いますからね。こちらも持ち物というより装備品。スポーツタイプの締め付けがあるものの中で着圧機能がついているものはポンプアップの効果があって、疲れにくいみたいです。僕も(シーダブリューエックス)CW-X スポーツタイツ エキスパートモデル 吸汗速乾 UVカット HXO509 BL LB [メンズ]を毎日履きました。疲れ無い気もしますし、履いてなかったときより姿勢が良くなった気がしました(関係ない)こちらのページみたらわかりやすいです。

◎下着

必須の持ち物。これはいらない人いないよね?2枚あればいいんじゃないでしょうか。あと早く乾きそうな素材であればなお良いですね。

◎靴下

必須の持ち物!だって足パーツですからね。3セットは欲しい。靴下の替えがなかったら(乾かなかったら)地獄への扉が開きます。(臭なるし、ブーツが防水でも中が濡れてりゃ世話ないです)あと靴が合わないときとかは靴下調整するんですよ。重ね履きとか。だから多めがいい。あとクッション性の観点とからも厚めの靴下がいいと思います。5本指がいいという人も日本人は多かった。外国人も「ジャパニーズテクノロジーだあ!」と驚いてくれます。

◯トレッキングポール(登山ストック)

これはあれば、すっごい便利です。足の負担を2〜3分の1にしてくれるのだとか。結構高低差あるところをあるくので、下りはかなり楽できます。上りもいいですね、足がもうしんどすぎる時、でも手はまだまだ元気なんですよ。泳ぐときに手を使うイメージで手で登れます。結果歩いているのに、腕の筋肉までつきました。おすすめ!!!こちらも持っていってなくて現地調達している人がいました。あと、現地では杖も売ってる。(はっきり言って気分は出る!!)使い方はこちらのページが詳しいでした。

◯帽子

持ち物というか被り物。日差し強いですからね。雨も降りますから。基本的にみんなかぶってましたね。僕が一番かぶってなかったかな。なくてもいけます。ただ日焼けは免れない。

◯水筒

飲み物はいりますから。甘いものも要るけどやっぱり水は要る。ぼくは750mlのものをもっていった。AcTopp 折りたたみ式ボトル 自転車 スポーツボトル 携帯式水筒 アウトドア シリコン製 超軽量 耐冷耐熱 750ml 全4色 (オレンジ)キャップをひねらずにこういうパカっとすぐ飲めるタイプが荷物持って歩いているといいんです。結構いいサイズだったと思う。でもペットボトルでもいいっちゃいい。

◎ヘッドライト

朝早く歩く時は必要です。日の出が遅いので、7時くらいでも結構暗いです。あとアルベルゲで朝出発するときに準備するのに、みんなが寝ていると電気はつけれませんからね。使うのは早朝だけなのでお手軽なLitom LEDヘッドライト スポットライト【明るさ168ルーメン/実用点灯30時間】 ジェスチャーセンシング 6つの点灯モード 防水性能IPX6 キャンプ/サイクリング/ハイキングなどのアウトドア活動に適用でいいと思います。ケータイの光では少し心もとないし、片手が塞がってしまいますからあれば便利。見落として忘れ物があったとしても、30km歩いた地点に戻りたくないですよね?ね?

◯ホタテの貝がら

巡礼者の印。これがあると巡礼路だけでなく、スペインの結構な地域で優しくしてくれそう、持ち物というか現地調達品ですね。

IMG_9725

IMG_1077

サブで使う、アルベルゲで使う(常備しておく)持ち物

◎サンダル

アルベルゲに到着後に活用します。ベッド以外はずっと何か履くので、必要。靴は基本的に靴置き場が用意されてるので、ベッドルームに履いていくのはNG(泥とか馬や牛の糞が普通につくので)。シャワー後すぐ履いたりするので濡れてもいいものがお薦めですね。あと極力荷物は重くしたくないので、軽いものがいいです。結論ビーチサンダルで十分ですね。

◯スウェット

アルベルゲの中では楽ちんなスウェットが要りますともいるでしょう?ただまあ外履き用の履いといて寝袋の中はパンツ一丁でという女子もいましたから。(後日談で聞きました)男子ならもっと大丈夫!

◎オールインワン系シャンプー

シャンプー・トリートメント・ボディソープ。。。いりません。持っていっていた人も初期段階で捨ててる人多いでした(重いので)なら最初からそれ用に作られているやつ持っていったほうがいいですね、石鹸で頭洗ってる人いましたけど、ガシガシになってるとかゆーてました、までもそれくらいのほうが潔くっていいですけどね!!なんだったら石鹸は洗剤の代わりに使ってもいました。

◎タオル

フェイスタオル(長細いやつ)だけでいきました。バスタオルはなくてもいけるんじゃないですかね。2枚あればいいと思います。寒ければ首に巻けばいいし、使い勝手はいろいろ!こちらも速乾性のあるものが吉!【ノーブランド品】旅行 便携 タオル マジック 超吸収性 アウトドア キャンプ スポーツ ジム用 軽量 速乾 タオル (ブルー)

◯洗濯バサミ&パラソル(タコ足)ハンガー

風強いところが多いので、いります。(ロープは結構張ってくれていた、でもあってもいいかも)100均なんかでパラソルハンガー(タコ足的な)これがあればなおよし!少ないスペースでパンツと靴下Tシャツくらいは干せます。雨の日もベッド脇に干せるので吉!乾かなければ日中はザックにぶら下げて歩いているとそのうち乾きます。

◯洗濯用洗剤

アタックとかの小分けのが便利そうでした、でもまあアルベルゲに売ってたりもするのでね、あとは手洗いもできるので、その時は固形石鹸でもいいと思います。

IMG_2034

IMG_0642

薬や治療関連の持ち物

◎爪切り

フランス人の道全ルート制覇すると1ヶ月はありますからね。爪伸びたら色々響くやもしれません。ないと困るかなあ、足に関するツールはあって損はないです。まあ誰かに借りればいいんだけども。

◎絆創膏、キズパワーパッド

これは必須の持ち物ですね。歩き慣れていない人なら2日で足やられますよ。水ぶくれでもうそれはそれは。キズパワーパッドが最高に便利です。歩き方の癖なんかで、マメできるとこが違うと思うので、大きさは考えものですけどね、これは薬局で買えますので、ま現地調達でもOKですね!どうせ追加で買うでしょうし。

◯薬

痛み止め:足が限界になって2回位活用。靴の履き方が悪かったので、歩くたびに結構な激痛があった。助かった。ぼくは現地で購入しました。
風邪薬:寒暖の差が激しく朝は3度、昼は30度の日もありました。はい、風邪ひいたです。何がツライかというと、だるさとかより、鼻が詰まって美味しい料理の味がわからないことが本当に辛かった。

◯針と糸

マメ対策に使うとよいらしい。でも自分はめんどくて最初だけやったけど、キズパワーパッドにおまかせした、そのうち治ってきて強くなってそもそも必要なくなったです。

◯消毒液

基本的には上の針と糸とセットのときが一番使いました。でもまあ怪我したときとか使えますからあったらいいですよね。

◯ワセリン

足に塗りこんで靴下を履いておくとマメになりにくいのだとか。多分。だってけっこうみんなゆってるし。巡礼者持ち物の中ではメジャー。

◯日焼け止め

日差しが強いので特に女性は要るんでしょうね。僕はわりと色白なんですが、付けなかったので、ゴール時にはこげ茶色になってました。

◯歯磨きセット

なくてもいいですけど、現代人として持っていきましょうね、紳士のエチケット(最低限)

IMG_8946

IMG_9046

その他あると便利な持ち物

◎トイレットペーパー

ないところもあるからいる。ないと不安だし。持っていると安心な持ち物第一位!軽いし。アルベルゲになくても、言えば出してくれるけど、自分のあったらそれ使えば早いですから、アルベルゲでは(外で使うこともあるでしょうね、僕はなかったですが茂みに消えて行く人もちらほら)。中心の芯を外して、潰して持っていきましょう。

◯サバイバル用の10徳ナイフ的なあれ

いったん◯にしていますですけど、限りなく◎に近い印象。使用用途で多いのは歩いている途中でパンを切って(むこうのはデカイ)チーズを挟んでサンドイッチを作ることが多いですから。あとやぱりワインでしょう?毎日飲みますから。スーパーで買ったらコルク空けるぐるぐるのやつは使いますでしょう?あれ、2徳でいいか?

◯フォークやスプーン

アルベルゲには基本的に用意されてます。でも日中歩いているとき、缶詰食べるとかした時にはいりますね、2,3回程度使いました。でも無くてもいいかもです。

◯国際キャッシュカード

現金たくさんもってると怖いですからね。向こうでおろしましょうというときに使えます。使い勝手いい持ち物です。僕は新生銀行の国際キャッシュカードをで作りました。あと日本に帰ってからもコンビニでおろせますし、手数料無料だし、普通のメガバンクなんかよりこっちがいいです。むしろ帰ってきた今のほうが重宝している気すらします。

◯調味料

結構自炊したのであると便利。現地で買えるから持っていく必要ないと思うでしょう?でも大きいのよ、現地の。だから特にオリーブオイルとか使い切り用の小さいのを何個かもって来ていると天才として扱ってもらえます。

◯カメラ

景色が綺麗すぎます、絶対撮りたくなるけどまあiphoneでいいですかね。むしろ「写真やめて、記憶に叩き込め!」と地元のお祖母様にガチギレされたことがありました。でも僕は一眼持っていったことに後悔はありません!!!だってやっぱりいい写真撮れるもの!
もし一眼なら、canonのこの子をおすすめします。僕の旅用愛機 canon kiss x7です。とにかく軽い。この本体とシグマのズームレンズでいきました。カメラは最も判断の別れる持ち物の1つですね。写真は旅行記をご覧ください。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ボディー KISSX7-BODY

SIGMA 高倍率ズームレンズ 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM キヤノン用 APS-C専用 883546

◯充電器

まあ無難な持ち物の1つです。ちなみにコンセントはC型です。変換プラグは必須。カシムラ 海外用変換プラグCタイプ2個セット WP33Sオトクな2個セットで臨みましょう!

◯シークレットウェストポーチ

貴重品入れで直接体に負けるタイプのポーチです。超薄型で目立たない、かさばらないので結構いいです。スペイン巡礼ではそこまで必要ない(結構安全です)けど、まあ念には念を。一応僕は現金5万円程度とパスポートはここに入れてました(カラーは肌に近い色を選ぶとTシャツ一枚のときなんかも目立たなくていいです。)

NH 多機能セキュリティポーチ 旅行貴重品収納 パスポートカード貴重品入れ多機能マネーベルト収納

◯自分アピールグッズや楽しみグッズ

巡礼中は色んな人と関わります。日本の文化を体現できるものがあれば喜ばれますし、話のネタになります。筆ペンを使って漢字で名前を書いてあげると「cool!!!」とかゆって喜んでくれます。単純なものです。

あとは外国人なのに尺八持ってる人やウクレレ持っている人、楽器系が多かったかな。料理人はいいナイフもってたりました、で料理振る舞ってたりしました。持ち物の1つに自分を表現できるものがあればいいかも!

◯シリコン製ワイングラス

1箇所、無料でワインが蛇口からでる名所があります。ワインを飲むんだから紳士としてワイングラスは持参しなくてはいけません!(※無くても当然いいです。)行く前に餞別として最高のシリコン製のグラスをもらいまして。ぐにゃっとなるし割れないし最高だった。

スノーピーク(snow peak) クラルテ ワイングラス・クリアグリーン TW-275CG

こいつすげー!クレイジーだー!と人気者になれた逸品。今すぐ持ち物の一つに加えよう!

IMG_0134

IMG_0146

もし忘れても・・・大丈夫!

これだけ持ち物が揃えれば、怖いことはありません!でももし忘れても、ほとんど現地で調達できないものは無いですから、やっぱりほしいなと思ったらその時買えばいいですし、まあそんなに神経質にならなくてもOKです。

逆に言うと欲しくなったら買えばいいから最初は最小限の持ち物でも全然いいと思います!ま、持ち物揃えているときも楽しいですから、そのあたりも旅の一環としてぜひ楽しんで揃えて下さいね!

【スペイン巡礼780km|自分探し旅行記まとめ】
2016年4月11日〜5月10に敢行したスペイン巡礼780kmにわたる自分探し・世界遺産・三大聖地を巡る旅として30日間ひとりぼっちで旅に出てきました。ここではその旅のまとめ、僕自身の備忘録として、スペイン巡礼に関するあれこれ(準備、持ち物、費用、ルート、日数、言語等々)をまとめています。

スペイン巡礼780km|自分探し旅行記まとめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA