スペイン最後の秘境!バルデナス・レアレスBardenas Reales


こんにちは、いむりんです。みなさんスペインに砂漠があることをご存知でしょうか?僕は全く知りませんでした。

スペインの秘境バルデナス・レアレス(Bardenas Reales)

スペイン巡礼に出かけ、1ヶ月で800kmを歩ききりました。スタートからゴールに向かうその巡礼路の中で素晴らしい出会い、素晴らし景色に出会うことができました。それはもう本当に素晴らしい出会いの数々で、心は満たされ切ってしまいました。

ということで、巡礼後どこに行こうかを考えた時、もはや一般的な観光地へ足を運ぼうとは思わなくなってしまいまして、気づけば、「スペイン 秘境」とかで検索していました。すると、予想を上回るすごい場所がヒットしました。


これです。

「何だこれは・・・」

そうこれがスペイン北部に位置する秘境バルデナス・レアレス(スペイン語: Bardenas Reales)です。このバルデナス・レアレスですが、Wikipediaによりますと、

バルデナス・レアレス(Bardenas Reales)は、スペイン・ナバーラ州とアラゴン州にまたがる半乾燥自然地域もしくは不毛地帯である。41,845ヘクタールの面積を持つ。


今回レンタルした愛車とバルデナス・レアレス

ということで、平たく言うとでっかい砂漠なんですが、長年土壌が侵食されていった結果、いわゆる砂漠ではなく、ものすごい風景になってるんです。

結局ぼくはこの何にもない土地に2泊しまして、時間をかけてたっぷりと堪能することにしました。秘境の地、バルデナス・レアレスの正体についてお伝えしていますよっと。


この秘境に何があるんだ、バルデナス・レアレス、、、

バルデナス・レアレス(Bardenas Reales)の秘境レベル1:とにかくデカイ

この地域を全部制覇しようとすると、自転車ならたとえ頑張っても3日では難しいです。とにかく広い!なんせ、41,845ヘクタールの面積ですからね。

面積にすると、約420 km²、東京23区の総面積が約620km²ですから、東京の3分の2以上がこんな事になってるということですよ。でかすぎます。(ちなみに山手線の内側の面積は65 km²だそうですよ、山手線6個作ってお釣り来るレベルにでかいんです)


1つの山の上からの眺望、バルデナス・レアレス広すぎます。


本当にスペインなのか。


あるのは自然のみ、自転車で走るゴムの音しか聞こえません

4,5日は見ておいたほうがよさそう。(車なら2日あれば回れるだろうけど、それでも急ぎ目かも。)それにそんなに急いで車で回っても、ふとした小さな発見(鳥のさえずりや変な虫)なんかには気づかないのももったいない。


バイカーはちらほらいました


「参上!バルデナス仮面!」と言いたくなる荒野感

風を切って自転車で颯爽と滑走する、ガタガタ道で疲れるけれど、絶景に巡り会えた時の充実感はたまりませんから、やっぱり自転車がオススメ!いい運動にもなります!


やはりチャリンコですね。サバイバル感を感じられる

と言うものの、一応コースは別れていて、地図もある。その地図を頼りに行くけど、広すぎてどこを走っているのか理解することも簡単ではないです。


がたがたなので、そもそもスピードあんまり出せない

所々に標識は立ててくれてるのだけど肝心なところになかったりするので通り過ぎてしまった。気づかずどんどん進んでいくと10キロほどして気づくこともあったりして、どんよりなるけども、いまはほかにやることもないのでまあいいかと、間違った道を注意深く戻る。


基本的には道のところを走らないといけません(理由は後述)


ずっとこんな景色が続きます

バルデナス・レアレス(Bardenas Reales)の魅力レベル2:羊の大群が大迫力!

タイミングが合えば、羊の群れに遭遇します。羊飼いのおじさんと少し話もしました。(と言っても、日本語とスペイン語、ジェスチャーを交えて会話したらなんとかなる。)


なんじゃこりゃ!初日のもこもこ軍団!


キョロキョロするもこもこリーダー


もはやよくわからん数

2日連続で会えたので、運が良かったかも。軽く500頭は超えてるだろう。

「ドドドドドドドドドドドドドッ」

白いもこもこの軍団が、地面をならし草を食べながらどんどん前へ進んでいく光景は圧巻です。


2日めのもこもこ軍団


バルデナス・スレアレスはこの子達散歩の場なのです


迫力ありすぎだけど、少しよっていったら逃げるビビリでもある


あんまり近寄らないで〜

途中横に逸れていく羊たちは、同伴しているワンコたちに列に戻されている。どうやってこの犬たちに、仕事を教えてるのだろう、賢い犬たち。

本当はどんどこ近寄って写真を撮りたかったんだけども、道からはずれて、あまり近寄ってはいけない理由があります。羊が可哀想なのは当然ですが、実は車が通れる道以外はスペイン軍の管轄区域に入ってしまうからで、おじさんの指差す方向にヘリが4台飛んでいる。「注意しろ!」ということらしい。

それでもおじさんはこちらに羊を誘ってくれて撮りやすいように配慮してくれた。


最後におじさんを撮影して、「チャオ」とおじさんと別れた

バルデナス・レアレス(Bardenas Reales)の魅力レベル3:ケーキみたいな地層

相変わらずの迫力ある羊立ちだったけど、何よりもすごいのがやはり景色。現実世界からかけ離れてます。そして白、茶、赤、、、色んな層が何層も積み重なった山々。


ショートケーキのようにきれいに層ができています


空の鮮やかさと山の雄大さに、ただただ見つめるばかり

山と山は離れていても地層の色や順番、その高さが同じことからもともとは地続きだった同じ地層であったことがわかる。とても、不思議な感じがする。


遠くから見ても高さによって、土の質や色合いが同じことがわかります

見渡す限り、同じ風景、遮るものはなくどこまでも続く荒野、そして当たり前ですが、人は少ないので、大自然を独り占めできます。こんなに荒野を縦横無尽に走り回ることなんかこの先あるのかなあ。

バルデナス・レアレス(Bardenas Reales)の魅力レベル4:もはや映画のセット

そんなこんなで地図を見ると、さすがに朝の10時から走り始めて、時計を見ると18時。今日はかれこれ70キロは自転車をこいでいる。日中は太陽が燦々と頭上で輝いていて、どんどん焼けてしまった。腕を見ると腕の先から、肩にかけてここの山の地層よろしく私の腕も順を追って焼けて行っている。

お昼ご飯は作ってきたボカディージョ(スペインサンドイッチ)を食べた。当たり前だけどコンビニなんかないのだもの。


しかし、手が焼けてる〜!!

何にもない風景ですが、迫力がすごくて、全然飽きません!スター・ウォーズにでも出てきそうな風景、何処か別の星のような場所です、まさに秘境。ほんとに実際映画とかで使われててるんだろうなあ。


自然にできた造形美


水でも流れていたんだろうか


一応水もあります、どろどろだけど

バルデナス・レアレスはどこを切り取っても写真映えするのですが、パノラマ過ぎて、持ってるカメラじゃ100分の1くらいしかその雄大さを伝えられないことがもどかしい!!!


遠くからやってくる車、映画のよう


完全に何かの舞台になりそうなシチュエーション


車のCMとかに使ってそうスバルあたりかしら?

いくつか建物も残っていて、(中には住んでいる人もいましたが)またその建物と、謎の植物が終末の世界観を醸し出してまして、もはやスペインとか場所の話ではなくて時代はいつなんだとタイムスリップしてしまったかのような気持ちになりました。


清々しさと不気味さを併せ持つ不思議な秘境


世界が滅びた後の感じの映画に出てきたでしょこれ


終末の世界観がすごいです

あんまり人が行ったことないところにいきたい!でも治安が悪いのやアマゾンとか命の危機が迫るようなところは遠慮したいという人にはいいかもしれません。北スペインは非常に治安が良くて人も優しいですからね。

バルデナス・レアレス行ってみたくなりましたか?なりましたよね?

ですよね、そうなったあなたのために、こちらに行き方を記載しておきました。

大秘境バルデナス・レアレスBardenas Realesへの行き方

ぼくが検索したときには全く出てこなかったですからね、是非参考にしていってきて下さい!!くれぐれも水と食料は忘れずに・・・

【スペイン巡礼780km|自分探し旅行記まとめ】
2016年4月11日〜5月10に敢行したスペイン巡礼780kmにわたる自分探し・世界遺産・三大聖地を巡る旅として30日間ひとりぼっちで旅に出てきました。ここではその旅のまとめ、僕自身の備忘録として、スペイン巡礼に関するあれこれ(準備、持ち物、費用、ルート、日数、言語等々)をまとめています。

スペイン巡礼780km|自分探し旅行記まとめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA