マルタの城塞都市イムディーナで中世の世界にタイムスリップ


こんにちはいむりんです。いむりんとかいう名前でブログを書いて、どれくらいになるのでしょうか。

さて、旅の出発前にマルタの観光スポットを探していると、イムディーナという名前の街を見つけました。おや、名前が似てるじゃないか、「イム」あたりが。で、調べてみると随分由緒正しい街じゃないですか。出発前から「マルタに行ったらイムディーナに行ってみよう」名前だけで決めたのが始まりです。


まずはバレッタのバスターミナルへ、ここからイムディーナ行きのバスに乗ります。

いざ!歴史の街イムディーナへ

イムディーナは首都のバレッタが築かれる前の首都でした。首都の引っ越しによって住民は300人ほどになったみたいで、静寂の街(サイレントシティ)なんて言われているそう。首都のヴァレッタからだいたいバスで30分ほどの場所にあるみたいです。


イムディーナにはお馴染のバスで向かいます。


バレッタからは20〜30分くらい

街並みを見ながら移動できるのでいいですよね、バス。どんどん景色が変わっていくのが楽しいので、30分くらいならあっという間についてしまいます。マルタはこじんまりしているから移動もしやすくていいですよね。


到着!イムディーナ入り口は橋がかかってます。


謎のバドワイザートラック。

中世のようなイムディーナの街並み

城壁に囲まれていて、街の外からはどうなっているのか見えませんし、中にはいれば、ちょっとした迷路のようでもあり、文字通り中世の世界に迷い込んでしまった感があります。石壁に雰囲気があり、写真が映えますね。ここで鬼ごっこしたら相当盛り上がりそうだわ。


イムディーナの風景①


イムディーナの風景②


イムディーナの風景③


イムディーナの風景④

まるで本当にタイムスリップしてしまったような気持ちになります。むしろ初めてきたら同じような景色で迷子になっても不思議じゃないです。お子様連れは注意が必要ですね。

よくよく見てみるとドアノブ?もおしゃれなのが多くて、たくさん激写。次はどんな彫刻があるのか気になってドアばかり見てました。


気になるドアノブ①


気になるドアノブ②


気になるドアノブ③


気になるドアノブ④

もちろん教会もあります、中はすごく美しく、ボタフメイロかな?シックな作りでとても落ち着けます。ちなみに町の地下には巨大な地下のお墓(カタコンベ)があり、見学も可能だそうです。


イムディーナの教会①


イムディーナの教会②


イムディーナの教会③

イムディーナでタイムスリップ体験を

街は高台にあり、城壁から身を乗り出して景色を見るとこんなふうに見えます。地平線とどこまでも広がる青空に、時間を忘れさせてくれます。何といいますか、こう空気が見えるようでした。


イムディーナからの眺め。見渡しがとってもいいんです、気持ちいい。

あ、ちゃんと猫もいますよ、バレッタの猫と比べると随分、目つきが。。。イムディーナの猫さんは随分と迫力ありますです。


イムディーナの猫ちゃん

いわゆる観光地とは少し違って静かに当時の空気感を感じられるよいスポットだと感じました。またどこで写真をとっても美しく撮れます!土壁と太陽の光を浴びた路地は、何故か懐かしいようなそんな不思議な気持ちにさせてくれます。


とにかく写真が映えるので、思い出づくりにはとてもいいスポットだと思います。

マルタにいったらこの中世の空気に浸るのも良いのではないでしょうか。自分がどこにいるのか、いつの時代にいるのか、時折わからなくなってしまいました。ということで不思議と懐かしくなる古都イムディーナでした。

猫だけじゃない、グルメに歴史に地中海の風を堪能した2泊3日で巡ったマルタ共和国の旅行記をまとめました。ぜひ小さくて大きなマルタを頼んでもらえたらと思います。これからマルタに行く人ももう少し計画練ってという人も生の旅行記をぜひどうぞ!

マルタ共和国2泊3日の旅行記〜猫だけじゃないオススメの楽しみ方まとめ〜


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA