企業特殊性を意識した働き方〜将来を見据えて伸ばす能力を考える〜


こんにちは、いむりんです。さて、今の時代、企業にぶらさがっていたら将来どうなるんだと心配になって独立も視野にいて、日々過ごしている私です。
現在会社に勤めながら、独立を考えている方って一定数いらっしゃると思うんですよね、もしそうであれば、会社を辞める事を前提として、働き方も少しずつ変えていった方がいいかもしれません。

■自分の能力はここでしか活かせないのか?

例えば、その中のひとつに「企業特殊性」とか「組織特殊性」というものがあります。その「特殊性」ってなんだという話ですが、簡単に言いますと「特別」とか「固有」とかそういったものになります。ですから「企業特殊性」というと、その企業の固有の、独特な性質、つまり平たく言いますと、今の自分の会社でのみ活かすことができる性質、能力という事です。

逆に言えば、その会社を離れたところでは全く役に立たない能力とも言えるかもしれませんね。

自社の商品についてめちゃくちゃ知っているという人がいたとします。今はすごく役に立つと思いますが、例えば転職なんかするとその知識っていうのは活かしようがないです。(同業界や競合先に転職となれば、活かすこともできるかもしれませんが、他業界とかでいくと全く必要なくなってしまいます)

あと、ドラマや小説、もしくはリアルな職場で、こんなの聞いた事ないですか?「あの人、仕事できないのに上に気に入られて出世したんだよ」

これなんかまさに「特殊性」の極みです。直属の上司のご機嫌を伺うということは、その部署で働く間はいいですけど、転職、もしくは部署異動するだけでもこれまでの努力が役に立たなくなります。

■自分の将来を考えて伸ばす能力を考える

この会社にずっといるつもりはないという人であれば、この会社「だけ」で活かせる能力を養うより、どこにいっても役に立つ能力を養っていく必要があります。

逆に、これを読んでもらっているあなたが、この会社で死ぬまで働くということを固く誓っている、沈没するときはもろともという覚悟をもっているのであれば、出世を考えない訳にはいかないでしょう。そんなときはこの「特殊性」に目を付けて、自社独特のポイントを見極めて、ばりばりやっていかれた方がいいかもしれません。評価する人の傾向と組織のキーパーソン、仕組みやシステムを鑑みて何の能力を磨くべきかを意識しておいた方がいいですよね。

話がそれてしまいましたが、言いたい事は辞める前提で働いているのに、その会社でしか使えない能力を磨くのは時間をムダに使ってしまっているということですね。今、自分が行っている仕事、またはその取り組み方について一度立ち止まって確認してみるといいかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA