定期を更新(6ヶ月)したら、その日に紛失して気づいた話


定期を更新したら、その日に紛失した。笑える。

次の日、新品(期間が)になった定期をいれた(と思っている)財布を意気揚々と改札でかざしたらピンポーンってなった。

でも粋酔良く通り過ぎようと思ったものだから改札の中に入っちゃったんだが、
出るときもどうせ駅員さんに言わないといけないしということで、ちゃんと入れなかったので、もう1回チャレンジさせてくださいって窓口の駅員さんに言いに行った。

僕はちゃんとしてるなあとか思いながら、駅員さんに「定期みせてください」って言われて出してみたら、クレジットカードが出てきた。いつも定期(パスモ)いれてるところにクレジットカード。昨日定期買うために使ったクレジットカードである。

「は?」となった。で、どこに入れたんだと?探してみるが一向に今いる定期は出てこない。もう1回「は?」となったところで気づいた。昨日定期を券売機で更新したところで取り出したかどうか曖昧である記憶が。

なるほど、僕はどうやらお金を払って満足して定期を受け取らずに帰ったらしいぞ。コンビニとかで商品買って、お釣りもらって気が済んで商品レジに置き去りにして、「お客さまあ〜」といわれるあれをやったらしい。半年7万ほどぶっこんで気が済んだらしい。

で、今日は1日きっぷ生活。まあ、チャージして多分とかカード代金とか手続き料とかいるけども、クレジットカードなくすよりは随分とマシなので、まあいいかとなった。

で、きっぷ生活なのである。しかしこのご時世きっぷ生活ってのは相当勝手が違う。癖づいた習慣は抜けない。パスモが入っていない財布を意気揚々とかざし、改札を通り過ぎようとする、財布には入ってないのにである。

で、「あ、今きっぷ生活だったわ」となって、きっぷが使える改札まで移動する。今はきっぷ使える改札がずいぶんと減ってる。で、きっぷ使える改札に誘導するのに、きっぷこっちくらいの誘導のサインも床にあったりする。

ETCない人こっちって誘導してる高速道路みたいな感じのあれ。しかし見たことあるはずなのに、毎日目に入ってるのに、まったく見てないみたい。人は必要ないものはたとえどれだけでかく書いてても認識しないのである。

こんだけ情報が溢れてる社会なので、取捨選択しないと貧相な脳のキャパではすぐ溢れてしまう、人間ってのはすごいものだなあとか思うのと同時に、なんとまあ、なんていうのかな、うまいことできてるというか、勝手なものである。

とりあえず、きっぷ生活は不便なので、無くすのはもうやめたい。きっぷポケットに入れてたら、ケータイ取り出すときにきっぷがひらひら。もうほんとうにもうって感じである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA