漫☆個展の感動の画像集


rp_mangataro_main-580x208.jpg

5万円払ってでも見に行くと意気込んでいたのがまさかの無料!先日、念願の漫☆画太朗先生の個展、慢☆個展にいってきました!開催期間が2週間くらいだったかな、かなり短かったので、ひやひやでしたが、最終日にようやく行くこができて安堵感と心地よい嫌悪感で満たされました。

本当に最高でした!

19時までで、受付というか列に並ぶのが18時30分まで、仕事終わりにめちゃくちゃぎりぎりに駆けつけなんとか滑り込みセーフ。狭い中野ブロードウェイでも行列ができていて、ぼくも1時間くらい並んで、ようやく見ることができました。

みんな大好きなんですね、画太郎先生。

で、並ぶにも狭いので、少しずつのかたまりを作って並ぶんですが、先頭に立つ人はばばあの待機列プラカードをもって並ばされます(並ばせてもらえます)。道行く人にとても不思議な顔をされながらも一瞬だけ僕もその大役を担うことができました。ありがたや。

IMG_5317

中に入ると、あのシーンの原稿がところ狭しと並べられていて、楽しうれしすぎて、ゲロ吐きながらショック死するかと思いました。これまで打ち切られることがなかったくらいに最悪なギャグ漫画を展開した先生の作品に舌鼓をうちながら、ひどすぎる作品を堪能することができました。

写真撮影もOKだったので、どんどん撮影してみました。見に行きたかったけど、間に合わなかった、遠くて行けなかったという方は雰囲気だけでも見てもらえるといいかなと思います。

IMG_5321

漫個展ギャラリー

IMG_5361

これまで打ち切られ続けた作品の数々が、ところせましと並べられています。

IMG_5333

ぼくの好きなハデーヘンドリクス。
かっこいい。

IMG_5336

普通にいい話なので読んでいない人はぜひ読んで欲しい。
ギブミーチョコッッッッッッ!!

IMG_5335

ぼくの好きなばばあの最高シーン。

IMG_5338

ババーーーーーーン!

IMG_5339

「はい、もしもし ババアです」は、もはや100年受け継がれる名言。

IMG_5341

ぼくの好きな芸能人シリーズ、京極夏彦氏。
あいかわらずひどい。

IMG_5356

先生の命の恩人、TENGA。
そびえ立っております。よっぽどの人でないとお手を触れることはないでしょう。

IMG_5347

みんなをざわつかせた先生のまん○画太郎へのペンネーム変更の理由。
やさしさが垣間みれます。

IMG_5349

その他、まだまだいろいろ。カラーもある。

IMG_5325

IMG_5331

IMG_5328

IMG_5326

IMG_5342

実はぼくたち、最終日のギリギリ、滑り込みセーフというかほんとの最後の組でして、最後の5名にだけサプライズプレゼントが用意されていました!何てファン思いの先生でしょうか。思ってんのかどうか知りませんけど。

IMG_5369

中をあけてみると、生原稿と先生の漫画サイン入りのコミックでした!(漫画のイラストがあまりにひどすぎて、多分怒られるやつでしたので、泣く泣く自粛しました。ちなみにキャラの名前はまん○ちゃん)

最高に下品です、最悪でした。ありがとうございました。ぜひこれからも気が狂った作品を生み出し続けてもらいたいと思います。

IMG_5320

画太郎先生ありがとう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA