神社猫の何とも言えない複雑な顔と奇妙なポーズ。


すっかり忘れていましたが、GWに和歌山に帰り、友が島にトモガシカを見に行ったあと、淡島神社に行ってたんですけど、そのときねこさん結構いたんですよ。すっかり忘れてました。

一応淡島神社をご紹介しておきますと、いっとき心霊スポットとしてメディアに出ている時期がありましたが、人形の供養で有名なんですよね。ひな人形に、五月人形に招き猫、木彫りの熊(鮭抱えているやつ)まだまだいろいろ、その数数万体だとか。。。

IMG_5473

で、その神社のまわりにもねこさんがいるわけです。港があるので新鮮な魚が穫れるのでやっぱりねこさんにはいいですよね。わりと取り上げられたりする満幸商店。

IMG_5475

の近くで早速見かけた第一号ねこさん。

IMG_5478

追いかけていくと、いました、二号、三号。

IMG_5480

そのうちのおひとり、目が特徴的なにゃんこさん。

IMG_5482

お化粧してるみたい。様子が、、、なんか、、、おかしい。。。
なんだ?このポーズ・・・もしかして。。。

IMG_5487

あ、動かなくなった・・・あーなるほど。なるほど。
そういう目でやりますか。そういうポーズのタイプですか。
うーん洗練されてますな。

IMG_5488

違う角度からも・・・
なんと姿勢がよいのでしょうか。神々しさすら感じます。
さすが神社猫。

IMG_5490

で、ちゃんと匂いをかいで。。。
どうですか?かぐわしいでしょうか?

IMG_5491

ちゃんと砂かけていただいて、何事も後始末が肝心ですからね。
マナーも心得ておりますね。

IMG_5493

といような猫さんですが、護り猫な感じがしていいですね。
神社の猫って好きです。

IMG_5494

ちなみにこの辺りは夕日スポットでもあります。
曇ってるけど、それでもやっぱり海で見る夕日はなんかぼーっとできていいですね。

IMG_5498

恥ずかしいところ撮ってごめんね。さぞやりづらかったことでしょう。
またねー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA