箱根の猫旅。芦ノ湖の営業ニャンに会いにいく


箱根です。温泉街のイメージがすごいありますが、どうやらこの観光地にも猫が棲息しているという情報を聞きつけまして、ねこ部活動してきました。

いざ箱根

さて、都内から行く場合は、いったん小田原まで出て、そこからテンションの上がる「箱根登山鉄道」で目的地まで向かうのが一般的でしょうか。新幹線で小田原まで行くのもいいと思いますが、僕個人的には小田急のロマンスカーとかで列車の旅も楽しみながら行くのがいいんじゃないかと。小田急のホーム内で箱根登山鉄道に乗り換えられるのも便利です。

IMG_7337

IMG_7339

箱根登山鉄道は外観もオシャレですが、外の景色も最高です。
目的地に行くまでも随分と外の景色で楽しませてくれます。

箱根登山鉄道HP

IMG_7502

地ビールとかまぼこ

で、目的地は「箱根湯本」なんですが、地ビールとおいしいかまぼこを仕入れに「風祭」で途中下車してきました。昼から飲むビールが休日、遠征の醍醐味でございます。風祭にはビールの醸造所とかまぼこで有名な鈴廣さんのお店があります。

IMG_7360
風祭駅の外観

ぼくは箱根ビールのピルスナーとエールをいただきました。(スタウトは冬限定だそうで黒が好きな僕としては残念でしたが、両方おいしかったです。)
IMG_7348
透き通るビール大650円 えび350円 ビールと向き合う時間プライスレス。

良心的なお店の「えれんなごっそ

IMG_7349
レストランもありますが、ビールの販売と軽食がいただけるお店も併設されてまして、つまみも安いし大変素晴らしい時間を過ごしました。

第一街猫とサービス精神あふれる干物屋さん

さて、夜の夜食のかまぼこを手に入れまして、「箱根湯本」に向かいます。メインのねこ探索は翌日の予定でしたが、さすがは箱根。かまぼこ有名だったり、観光客多かったりでということもあってかひものやさんで、第一街猫を発見!

IMG_7408
いた!!!

IMG_7402
めっちゃ見てる・・・

IMG_7395
えさをたくさんもらうのか、人に慣れてまして、いやがりながらも写真を撮らせてくれます。いや気持ちよさそうか・・・

IMG_7398
チラ見。

最初は1匹だったに、最後はどこからともなく4匹くらいに!

IMG_7440
じゃーん!!

IMG_7451
はむ!!

IMG_7452
はむむ!!

IMG_7479
黒と白がちょこりん

しかもひものも無料で勝手に焼きながら試食できる。

IMG_7377
はあはあいい匂い・・・

IMG_7480
そのうえ、昆布茶も勝手に作っていいので、ほんといろいろとお世話になりました。

スイッチバックとおじいさんねこの哀愁

さて、翌日はお目当てのねこさんを求め、「湖尻」を目指します、芦ノ湖の北のほうで、電車、ロープウェイを乗り継いでいかないと行けないので、軽く1時間くらいかかります。いろんな景色を見ながらなので、退屈する暇はないので、楽しんでいけますね。

IMG_7532
コトンコトン・・・

そんな中で、スイッチバックするための駅の大平台駅でも、猫がいる情報を部員がキャッチ!迷うことなく下車します。(ちなみにスイッチバックは険しい斜面を登るために、折り返し運転をしながらジグザグに進む山道特有の進行方法でございます。日本でも数カ所しかないようで、これも名物の一つ)

はじめはいないかなと諦めかけた瞬間、タイミングよく猫さんに遭遇しました。

IMG_7534
ご出社ありがとうございます

結構お年を召されている様子のねこ様は、お掃除担当の方に聞いたところ、長いこと飼い猫だったらしいけれど、飼い主が施設にはいったことで、やむを得ず野良にゃんに。

IMG_7544
全然おこらない、ごめんなさい。

IMG_7556
凛々しいお顔

ねこさんご本猫も遠い目をしているのは白内障を患っているからだけではなさそうですね。

IMG_7559
いつまでも元気で、僕たちみたいに気まぐれで降りてくる観光客の相手をしてあげてもらいたいもんです。

恐怖のロープウェーと伝説の輸入勇者

おじいさん猫に別れを告げ、再び目的地に向かいます。途中、「大涌谷」山の頂上付近で大変な目に遭いましたが、これもご愛嬌なんすかね?

IMG_7582
なんか白くなってきた気が。。。

直前の山を越えた瞬間、霧で何も見えなくなり、凄まじい風がびゅうびゅう。かすかに見える地上までは数十m。楽しいきゃっきゃしていた声は一瞬できゃーきゃーした悲鳴に変わりました。

IMG_7585
前見えへん。。。まじか、気づいたらい世界とかのやつや。

天候には十分ご注意頂いて、交通手段を選ばれた方がいいですね。高所恐怖症とかの人は悶絶レベルだと思います。でもロープウェー運営側はけろっとしてるので、彼ら的には珍しいことでもないのかなーと。。。

さて、決死の思いで運ばれた「大桶谷」には名物の「黒たまご」があるそうです。突風吹き荒れる山頂でたまごを目指して歩くのは、伝説の勇者かと思うくらいの気分です。

IMG_7588
勇者多っっ!

しかし勇者に中国人の多いこと、国産勇者の割合はきっと負けてそうです、箱根って外国に人気あるんですね!

IMG_7596
ほとんど中国人だった気が。。。

IMG_7593
ちなみに名物黒たまごは食べると寿命が7年伸びるんだとか。永遠の命をとかゆってる悪いボス的な人がいたら紹介してあげたくなりました。

芦ノ湖は湖尻の営業ねこ祭り

死のロープウェーを乗り継いで、やってきました「桃源台」。ここから最終目的地の「湖尻」までは歩いて10分程度。ここにはネットの噂で営業にゃんこがいるらしいのですね。ねこの好きなかまぼこをかじりながら歩いていると、開けたスペースにたどり着きました。

IMG_7681
芦ノ湖の立て看板。

到着したぞと、営業にゃんこはどこぞ?と探しているとているとボート乗り場で人だかりを発見!

IMG_7613
いたーーーーーー!

IMG_7629
ぜんぜん営業する気のない営業部長と営業副部長と営業課長がいたーーーー!かわいいーーーーー!揃ってキャンプ椅子に寝転んでおります。

IMG_7641
なんと可愛い。猫ってほんと可愛いですね

IMG_7618
よく見ると、営業主任もいらっしゃいましたが、主任なのにかまぼこにまったく興味を示さない

IMG_7647
示さないどころか、敵意をむき出しの主任

なるほど、成績がいいので客は自分が選ぶというスタイルですか、成績がいいだけに。部長も何も言えない、しらなフリ(寝たフリ)するしかにゃいということですな。

IMG_7643
苦労して寝込む部長

IMG_7634
営業部長はやられ放題

IMG_7667
主任の素の姿1

IMG_7670
主任の素の姿2

でも、そんなあなたの行動が私にとってはこのうえないごちそうなのだよ、主任。
ふっふっふ、カシャカシャっと。ふっふっふ。

IMG_7658
主任のサービスショット1

IMG_7677
主任のサービスショット2

子猫も生まれたようでして、ボート小屋の裏には子猫が数匹いました。この子猫ももう少し育ったら営業ニャンとして、活躍してくれることでしょう。

IMG_7694
小さーい!

IMG_7702
ほんとビール好き、ねこ好きにはたまらない街ですね。

おまけのえゔぁ屋

そういや、箱根はエヴァの街としても有名で、えゔぁ屋というショップもございました。湯本の駅そばにあります。ここだけのグッズも買えますし、綾波さんと写真も撮れるし、エヴァ好きにもたまらない街ですね。

IMG_7513
人がいっぱいのえゔぁ屋さん

IMG_7522
初号期カラーの紫と緑のソフトクリームは最初はうげーと思ったんですが、味が紫芋と抹茶と聞いて、それはそれで、おいしそうだと思い直した僕でした。ではではさようなら。

えゔぁ屋HP

【日本猫島|散策旅行記】
僕がこれまで訪れた猫島の散策旅行記をまとめています。猫だけじゃなくて、地方ならではのグルメや行き方など色々まとめていますのでぜひご覧ください!今後も随時更新していきます。

日本猫島|散策旅行記まとめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA