【写真日記184】自分のものであって自分のものでない


布団に入って涙がこぼれた。

真っ暗な部屋、街灯の光でほんのり部屋が浮き上がる。

あくびしたっけかな?それともさっき見た映画かな?
もしくはなんとなくの体の気まぐれか?

心と体って繋がってるのか、それとも離れてるのか。

考えてる時はその両方ともが置き去りで、
もう涙は出ない。

自分のものであって自分のものでない自分。

なんなのだろうかね。不便なようでもあるし、面白くもある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください