【写真日記170】現実


どれだけ嘘っぽくてもう本当のこともあるし、
どれだけ本当のことのようでも嘘なこともある。

だとしたらたとえ嘘っぽくても、自分が信じる世界に目を向けることだと思う。
誰も口は出しても責任はとってくれない、やっぱり自分しかいない。

誰かに見せられる現実じゃあなく、
自分の現実を見つめるのだ。

自分があってこその世界だ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください