【写真日記176】今の世界のルールから一歩踏み出してもよいシステム


何かを行う上で、問われる意味。なぜそれを行うのか?という理由。そんなことを考えるきっかけをいただいたので、いろんなことに対して考えてる。

ただ、人類の起源も存在する理由も不明確という根源的な土台が確定しないのに、全てのものは何を基準にした意味なのかなあ?なんて思う。そうすると、考えれば考えるほど、意味を追いかける無意味さを感じずにはいられなくなる。意味の意味を考えるなんてもうねえ。

まあ、きっと生きているうちにそんなことわかんないでしょうから、わかんないもの考えて苦しむのはまあ頭いいとは言えないので、そっから脱却したいわーとも一方で思ったりしてる。(でも気になっちゃう)

土台がないから、秩序ってものを後付で作り上げた人類さんたちの未来を生きてる僕たち、秩序ができれば秩序の中で生きて死ぬ、無秩序な世界でもその世界で生きて死ぬ。大局的に見りゃまあそんな大差ないんじゃないかなって思う。ただ今は、謎な起源の上に今の世界のルールを作ってみて、その中で生きることを推奨されてるので、その世界の目でみた意味や理由に重みがつくってことになってる。

そんな中で理由なくやりたいことを優先できるような人間は原始的ですごくいい。隣の人に嫌な顔されたり、迷惑かけるのはやっぱり良いことだとは思わないけど、それを除けば、非常識なこともばんばんやってみたい。少しだけ今の世界のルールから一歩踏み出してもよいシステムを取り入れて、自分なりの制約を取り入れてその中で自由に歩き回ることから始めてみればどうだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください