【写真日記81】素直な欲求


マグナム・フォト、
言わずと知れた世界最高峰の写真家集団。

そんな彼らがそれぞれの目線で花の都パリを切り取った
パリ・マグナム写真展。

モノクロなのに鮮やかで、静止画なのに動きが見える
そんな当時の作家の目をそのままくり抜いたような展示だった。

危険な場所へ命も顧みずに飛び込むのは、
スクープだとか作品だとかではないのだろう。

銃弾飛び交う戦闘の現場からワイン片手に楽しむ牡蠣の試食会まで、
作品群を横ならびに見ていて感じたのは、シンプルで素直な欲求。

ただ見たかったんだと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA