鹿児島旅行にアート探訪はいかが?霧島アートの森が面白かった!


さて、明るい農村の霧島町蒸留所さんを出発して、次に向かったのは霧島アートの森&霧島アート牧場。

■霧島アート牧場
まずは牧場に向かうのだけど、目的は当然、馬に乗ること。でもまあ、「わざわざ鹿児島にきて馬かよ」と、「せっかくきたんやから焼酎飲んでたほうがいくない?」と思ったあなた!焼酎は鹿児島に来なくても飲めますよ?とかいう嫌なやつから始まった今回ですが、まあいったん大自然なんですから馬の一つにでも乗りましょうよ。人生の波にも乗り切れているといえますか?僕は言えません。(えっへん!)せめて馬くらいには乗りたいものです。ちなみに今回の乗馬体験は柵の中をくるくるするような乗馬体験ではなく、草原を優雅に散歩することができるということのようですのでね。

蒸留所から(空港からも)車で約1時間くらいの距離なんですけど、とっても走りやすい道でドライブにはさいっこう!車もあまり走っていないので、実際は1時間もかからないと思います。(スピード出し過ぎはあぶないよ!)走っている間の景色もとてもきれいで、べつに1時間でも苦もなく走れるくらいの道で、ずっと走ってたい。

さて、アート牧場に到着。広い草原(山)が広がっている。草原の緑に、青い空と白い雲のコントラストに改めて鹿児島にきたんだなあと実感する。

Exif_JPEG_PICTURE
標高も高く雄大な自然を堪能できる1

Exif_JPEG_PICTURE
標高も高く雄大な自然を堪能できる2

この草原にはたくさんの馬たちが放し飼いにされているみたい。後からスタッフの方にお話を伺うと、ここにいる馬たちはほぼ平均寿命(25歳くらい)の馬たちということで、レースだったり乗馬だったりとそれぞれの役目を終えた馬たちのの余生を送る場とのことで、老人ホームならぬ老馬ホームみたいなもんだということだった。今回はその子たちとは違って現役バリバリの方(馬)に乗せていただくことになった。

Exif_JPEG_PICTURE
キュートな顔、まつげ長い

しかし馬は賢い。ほぼ初めて乗りましたけど、とっても快適に運んでくれるんですよね。(はいはい仕事ですからね〜みたいな声が聞こえてきそうだった)今回乗せていただいたお馬さんは20歳くらいの大ベテランで、嫌々ながらもちゃんということを聞いてくれた。ほんと仕事ということを理解しているそんな動き加減であった。(右にいっての合図をすると、のそおっと右にいったりするけだるい動きよ。)

Exif_JPEG_PICTURE
馬に乗りながら馬を撮るのは難しい!

しかし、晴れわたった空に気持ちの良い風が吹く草原で馬に乗るとは、こんなにも気持ちのよいものであるとは、、、30分の乗馬体験コースで申し込んでいたんですが、正味舐めてかかってたと思いました。30分すぐたってしまって。はやくももう一回やりたい!というのが今の心境。

Exif_JPEG_PICTURE
仕事終わりでほっと一息

ありがとう馬。

霧島アート牧場
〒899-6201 鹿児島県姶良郡湧水町木場6340-70
TEL:0995-74-1333

・霧島アートの森
さて、続いて、アートの森にいってきた。入り口の門のところに草間弥生さんのなんかどエラい花があるので、「ああここだなあ」と一瞬でわかるようになっている。今日はここがメインの観光地。

Exif_JPEG_PICTURE

草間さんのどエライの「シャングリラの花」

結論から言っちゃうとアートの森は僕めちゃくちゃ好きなんですけど、賛否が別れるかも。あなたがもし、自然が好きで、なおかつアートや芸術に興味あるんだったら間違いなく最高!。しかし、「自然に興味ありません」「インドア派のぼくなんで極力歩きたくないっす、アート?それ美味しいんすか?」「映画見てたい」というようなことを思ってしまうなら映画見ておいたほうがいいです笑。(ちなみに屋内展示もあるようでしたよ、インドア派はそっちをご覧になるといいかも。今回は屋外しかみていないからどんなのかはわかんないけど、まあ絶対面白いでしょうね多分、しらんけど→関西人の悪い癖)

Exif_JPEG_PICTURE
「赤い靴」

というのも、通常の美術館とは違い、自然との調和や、自然そのものを取り入れた作品になっているため、ほぼ全ての作品は屋外に設置されているんですよね。しかも結構な広さ。つうかめちゃくちゃ広い。しかも森とか笑

晴れた日にはとても気持ちがいいし、芸術鑑賞だけでなく、普通に散歩としても気持ちのもいい。興味深いアートがたくさん設置されているので、好きな人はかなりツボなはず、秋口にいきたいなあと思える場所。季節雨を通じて違う印象を受けそうな感じ。(でも冬は寒そう)

Exif_JPEG_PICTURE
馬鹿でかい「男と女」

Exif_JPEG_PICTURE
激しきコントラスト「サン・ルーツ」

Exif_JPEG_PICTURE
完全に「!」マークにみえる「浮くかたちー赤」

Exif_JPEG_PICTURE
一番面白かった「インサイダー」森の中に降りていく、と、いる。

屋内展示もあるといったけど、屋外だけでも、普通に2時間は遊んでいられるから1日目は馬乗ったらアートの森楽しんだらもう夕方ですわね。ここでは紹介していないものもまだまだたくさんあるので、ぜひその目で見てもらいたいと思います!自然とアート好きにはたまらない場所でした。歩けば歩くほど晩御飯がうまいときてるので、美食巡りが目的な人も、絶対来たほうがいいじゃないですか?だって空腹は一番のスパイスだって言いますし。感性を刺激しつつ体を動かして気持よく腹を減らす、書いててめちゃくちゃいいやんと思った笑

霧島アートの森
〒899-6201 鹿児島県姶良郡湧水町木場6340−220
TEL:0995-74-5945

お次はこちら。
鹿児島旅行における隠れパワースポット。溝ノ口岩穴


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA