【スペイン巡礼12日目】世界遺産ブルゴス大聖堂!彫刻が今にも動き出しそう


■本日の工程
2016年4月22日 巡礼12日目
アタプエルカ(8;00)→ブルゴス(12:00)21,5km

昨日に続き今日も変な夢で目が覚めた。夢の中で仕事を辞めさせられるのだけど(リアルとは違う職場だったけど)、一方的に辞めさせられるわけではなく、こっちも食ってかかって大喧嘩、夢の中で大フィーバーだった。

過去にあった知っている人やテレビで見たことある人がたくさん出てきてた。今の僕からしたら「イイじゃない!辞めさせられても」という心境なので、もう一人自分の中にいるんだろうかなあとか目が覚めてからしばらく考えていた。今日は特に眠れなくて、2時間くらいおきに目が覚めた。「熟睡したいなあ、体は疲れてるはずのに。」ふう、なんか寝るのがむずかしい。。。そして寒い。

IMG_2375
朝外の温度計を見るとなんと2℃ なんだそりゃ、寒いよ。。。

IMG_2371
今日のアルベルゲの玄関先

顔ぶれが変わると生活リズムもがらっと変わる

疲れがとれない上に、ダメージが大きい、今の僕の体。今日現在のところダメージが大きいのは、両足裏と、指先、左の足首に右の膝。右膝は昨日頑張りすぎたからか、新たに仲間入りしてしまった。。。

今日のアルベルゲのメンバーは起きるのがみんな早くて、僕が眠くて寝袋の中で起きようかどうか迷ってるときに早々と出かけるメンバーもいる。昨日、一昨日はすごくゆっくりだったのに、アルベルゲで泊まるメンバーが変わると行動のリズムもこんなに変わる。

IMG_2372
昨日初めて会ったいかついけどいいおっさんのラファエロ。「生きてるだけで儲けもん!」みたいなことを言ってた

わりと賑やかな若者系はもう一つの綺麗な方のアルベルゲに泊まっている人が多かった。こちら側はまあまあ年上の人達が多い印象。新しい顔ぶれになると、受ける印象も随分変わる。

おかげで今日はきれいな朝焼けを見ることができた。

IMG_2368
燃えるような朝焼け

雲と雲に挟まれる不思議な世界で自分の小ささを感じる

スペイン巡礼路は道自体が世界遺産だけれど、そのなかでもThe世界遺産みたいな建物があって、それがブルゴスの大聖堂(カテドラル)。ブルゴスは非常に大きな街で旧市街の中に大聖堂はそびえている。

世界遺産目当てに巡礼者以外も観光に訪れるらしい。ちゃんとした世界遺産を見るのはこの巡礼の旅が始まって初めて(地面の世界遺産は毎日みてるけど)なので、ブルゴスは今から楽しみ!

昨日頑張ったおかげで今日は20kmの工程。みんなでゆっくり朝食をとり余裕をぶっこいて8時過ぎにブルゴスに向けて出発。

IMG_2391
だいたいジャックかデイビッドが段取りしてくれる。

IMG_2416
晴れた朝はいつも気持ちいい。

IMG_2414
昨日の雨のおかげで、全体的に潤ってる

IMG_2420
謎のぼんぼりのついてる木たち

途中山を一つ越えるときに、とっても美しい景色に包まれた。そこそこの坂道にゴツゴツした石、お馴染みの動物の糞。決して歩きやすい道ではないのだけども、朝露に輝く雑草に、青空を漂ううろこ雲、かわいらしいぼんぼりをつけた木樹。雲と雲に挟まれる不思議な世界。

IMG_2428
朝露が朝陽にきらめく

IMG_2433
ゴツゴツした道が歩きづらい

IMG_2436
ゴツゴツ石だけでなく動物のフンもいっぱい

IMG_2447
さらにもう山か岩かわからなくなる道を登ると。。。

IMG_2445
なんと、雲に挟まれた景色が、目の前に広がる。。。

疲れていても、寒くても、鼻水を垂れていたってシャッターをきることは忘れない。うーん、最っ高の気分。とかやってるとみんなに置いてかれるんよね。写真を撮りながら歩くので基本的に一番後ろが僕の定位置になっていた。

IMG_2453
大きな十字架の下でみんながポーズして待ってくれてるのでカシャ

IMG_2463
大きな矢印、あっちが巡礼路らしい

IMG_2473
ミステリーサークルのような模様、でっかい。

目の前に遮るものがない景色。スペインでの生活で慣れてきつつはあるのだけど、東京にいたらこんなことなんてまずない。吹き抜ける風を感じつつ、大地の雄大さにただただ圧倒される。

1つの山を登り切り眼下に現れる無限に広がる世界を見ると、自分という存在の小ささ、ちっぽけさを感じる。小さい自分の中にある悩みなんて、もっと小さいわけで「なーんだ、ちっさ」となるのである。

IMG_2482
目の前いっぱいに広がる雄大な景色。僕たちは小さな存在なのである。

ブルゴスが遠い・・・地獄の国道一直線

20kmという距離なので、はっきり言ってナメて歩いていたのだけど、山や草原のエリアを抜けると、ひたすら続く国道をずーっとまっすぐ歩かされた。大きな街に入る前はこういう道が多いらしい。大きな街にはその分車の乗り入れも多くなる。

この工業用の道路が実に辛い。(ほんと巡礼路ではない、断じて!)いくらこの国道がフラットな道だとしても、坂道たっぷりの山道の方が随分と楽に感じる。一向に変わらない景色、人工的な硬いアスファルト、空気もおいしくないときている。やっぱりここは歩く道ではなくて車用の道なんだなあと思う。「カムバック!巡礼路!」

硬いコンクリの道をひたすら10数km、靴の中が燃えている。太陽の照り返しでアスファルトが熱い、足の裏が悲鳴を上げている。

「ここまでのスペイン巡礼において今が一番しんどい!!!」今何処歩いているのかもわからないので、あとどれくらい歩かされるのかもわからない。「1日目も2日目も山道を泣きそうになりながら歩いたけど、ここは嫌だーーー!!」世界遺産までの道のりはこんなにも険しいものなのか・・・

そんな中で唯一良かったことは、久しぶりに6人で歩いて、お互い持ってるおやつをわけあったり、しゃべりながら歩けたこと。おかげで随分と気持ちは楽になった。仲間の良さを知ってしまった今、これ一人で歩くのは拷問だったわ。地獄の中に仏を見つけた時はこんな感じなんだろうか。あ、仏ちごてキリストか、いやむしろヤコブか、ここは。

IMG_2586
ブルゴスに入ったことを知らせる看板を発見!!

意識が朦朧としながらも、ブルゴスの街に入ったことを表す看板が目に入る。「ようやく着いたよ〜ブルゴスぅ。。。」でも、大きな街は街に入ってからもアルベルゲまでが遠かったりする。ただただこの重いザックをおろしたい。あまりの辛さに写真を撮っておらず。。。まあ撮るものもなかったか。

IMG_2590
ブルゴスは大きな街らしく車がいっぱい

IMG_2597
暑さと疲れから糖分を欲しがる我々。絶対体に良くない色のアイスが美味い。

ついに来た!世界遺産ブルゴス大聖堂!

徐々に体に疲れが溜まっていってるのがわかる。顔は真っ黒になっている。でも道はまだ3分の1を過ぎたところ。今日でデイビッドはスピードを上げて歩いて行くとのこと。もしかしたら6人でいるのは最後かもしれない。みんな一緒に歩いているけど、それぞれ自分の時間がある。

IMG_2617
ブルゴスの大聖堂!世界遺産が少しずつ見えてきた!

スペイン巡礼路最初の世界遺産であるブルゴス大聖堂はそれはそれは大したもので、本当に迫力のある大聖堂。教会に様々な彫刻が施してあるというよりも彫刻が集まって教会を象っているようなそんな印象を受けるほどに、それぞれの彫刻が存在感を放っていた。

さすがは世界遺産。。。残念ながら時間がなくて大聖堂の中を見学することはできず、無料開放スペースを見るだけに留まったけどその魅力は十分伝わってきた。

IMG_2658
これまでの教会とは全くスケールが違う!大迫力のブルゴス大聖堂。さすが世界遺産!

IMG_2673
外壁の彫刻の迫力が半端じゃない

IMG_2675
建物もすごいけど1つずつの彫刻が緻密。これが世界遺産の底力。

IMG_2801
建物に彫刻が施されているのか、

IMG_2803
彫刻に建物をあてがったのか、

IMG_2800
今にも動き出しそうなんですよ

さらにブルゴス大聖堂について詳しくしりたければこちら

大聖堂からの帰り道、ジャックがデイジーにさりげなくスペイン巡礼のシンボル(貝がら)をつけたブレスレットをプレゼントに買っていた。そういえばデイジーがジャックも似たようなブレスレットをつけていたのを前から可愛いと言っていた。これをちゃんと覚えてて彼はプレゼントに買ってかえったみたい。どこまでもさりげないジェントルマンである。

IMG_2700
お揃い風のブレスレット

IMG_2754
大聖堂の前にカミーノ(巡礼)の戦士的な人がいたので撮影会

IMG_2761
と、そんな巡礼戦士にワインを飲ませようとふざける僕。

ブルゴスの夜はやっぱりバー!毎日を楽しみ尽くす

そんなブルゴスでの夜はなぜかケバブを食った。スペインで?ブルゴスで?ケバブ?とナメてかかったものの、日本で食べるケバブとは大違い。

めちゃくちゃボリューミーで美味しく、しかも安いときてる。満タンのケバブツイスター(ドラム)とポテトフライ、ドリンクが付いて6,5ユーロ。なんだスペイン名物のなのか?これも世界遺産なのか?

IMG_2903
ケバビッシュ!でみんな盛り上がる。

原宿で食べるケバブはあれはケバブじゃなかったみたい、と言うか日本のケバブはケバブではなかったみたい。最後は買ったワイン(やっぱりCRIANZAでも年によってできが違う。どうやら2012年ものがいいみたいだけど、今回は2011年 泣)を飲んで、バルに行ってビールで締めて寝ることにする。

IMG_2915
夜の世界遺産。雰囲気でてる

明日からは少しペースを上げて距離を稼ぐ。(まあ稼ぐというものではないのだけど、フィ二ステーラに行くための工数をどこかで作らないといけないからね。)いつの間にか小指の先が全部水ぶくれになっている。そりゃ歩くの痛いわけだよ。明日から少しずつみんなのペースが変わるかもしれない。でもそれでもいいのだと思う。それがTake your time。

IMG_2935
ほんと飲むのが好きな人が多い

IMG_2928
バルのライトで遊びながら飲む

IMG_2934
デイジーは飲むとさらに陽気に。

さて、腹一杯でまた寝るとするか。しかし以外にスペインのケバブうまかったな。も一回食いたい。寝よう。おやすみブルゴス。

※この記事はその日書いたものをベースに、後日加筆修正を加えたものです。

【スペイン巡礼780km|自分探し旅行記まとめ】
2016年4月11日〜5月10に敢行したスペイン巡礼780kmにわたる自分探し・世界遺産・三大聖地を巡る旅として30日間ひとりぼっちで旅に出てきました。ここではその旅のまとめ、僕自身の備忘録として、スペイン巡礼に関するあれこれ(準備、持ち物、費用、ルート、日数、言語等々)をまとめています。

スペイン巡礼780km|自分探し旅行記まとめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA