【写真日記150】空気感


ものがぞんざいに扱われている風景というのは、なんというか隙がない。

ドラマなんかで、敵のアジトに潜り込もうとした時に妙に見張りが少なかったりするやつと似ている(気がする)。

キレイに整理整頓され掃除が行き届いているような部屋にいると生活感が感じられないなんて言われたりするが、その逆であるべき位置に物がなかったり、適当に放置されていたりすると、そうした誰かの気配ってものを感じる。

ま、そんな気配はさておき、この場合、これが定位置とも言えなくもないなとも思うのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください